2006年10月日記
2006.10.30
マジック。それは人の織り成すイリュージョン。

僕は結構マジックとか手品ってやつが好きなんです。あの「タネも仕掛けもありません」と
か言う大ウソの口上とか結構好物なんです。お前明らかに仕込んでるじゃねえか。何千回何
万回と練習してんだろ?
別にタネや仕掛けがあるから悪いなんてことは全っ然ない。「何も仕込んでない」とかいう
大ウソこくよりは「俺、全身にネタ仕込んでるから。覚悟しろよ」とか言われたほうが期待
も増すというもの。そしてそんな期待を裏切らずに観客を沸かせるマジシャンは本当尊敬し
ます。
この間TVかなんかで見たんですけど、変な外人の兄ちゃんがマクドナルドか何かのポスター
からハンバーガーを取り出して、一口かじって元に戻すとそこにはかじられたハンバーガー
が!というマジックには度肝を抜かれました。僕の目玉も取り出せそうでした。
まあ正直あんなことやって「タネや仕掛けもありません」とかほざくならマックのポスター
があれば食糧問題解決じゃねえかと思います。もちろん何らかの仕掛けはあるのでしょう。
世の中には本当に多種多様なマジックがあるものだなあと感心したものです。
見るたび見るたび、心底驚かされる。

そんな話をしながら、会社の同僚の人とお昼ご飯を食べにいったんです。
その店は僕等がよく昼ご飯を食べに行く店で、大体メニューも把握しているんですよ。
同僚が思い思いの注文をする中、僕は「なすと肉味噌あんかけ丼」みたいなのを注文したん
です。
でね、注文したものが出てきてね、正直目玉が飛び出るかと思った。

僕は何回かその店で「なすと肉味噌あんかけ丼」を食べているので、大体こんな感じのが出
てくるというのを把握した上で注文しているんですよ。
でもね、今日出てきたのは想像の斜め上を行く代物だった。

ご飯の上になすと肉味噌が乗ってるのはいいんですけど、ご飯、ビッシャビシャなのな。
何でビシャビシャかって、油でビシャビシャなんですよ。
多分肉味噌を炒めてそれをご飯の上に掛ける感じで作っているんだと思うんです。いつもな
らそりゃ多少は汁が出てご飯に掛かってますけど、一応ご飯に浸るほどじゃない。
こっからご飯、こっから肉味噌ってのが分かれてる。そこらへんわきまえてる。わきまえて
るはずが、今日の肉味噌は全然わきまえてない。礼儀がなってない。ご飯が油に浸って、お
茶漬けみたいな様相を呈していました。僕叫んじゃったもの「ごはーん!!」って叫んじゃ
ったもの。ピッコロさん並に。
正直ね、この店っていつもこうなんですよ。ご飯の分量が毎回違ったり、具が多かったり少
なかったり、頼んでもいないのに大盛りだったり。お前は学食のおばちゃんか言う話ですよ。
でも今日のは流石に酷かった。最後のほう油すすってたもの。ストーブか。

まあね、わざわざこんなところに行かなくても飯屋なんてそこら中にあるんですけどね。
どうしても惹かれるところがあるんですよね。
今日はどんなイリュージョンを見せてくれるんだろう。
今日はどんな肉味噌を見せてくれるんだろうってね。

そんなわけで明日も度肝を抜かれに行ってきます。

肉味噌、それは人の織り成すイリュージョン。
2006.10.27
世の中には性病というものがあるそうです。

僕にとってのセックスはいわばUFOとかUMAとかのレベルで胡散臭いものなので、セックスを
して更に病気になりましたとかもう信じられない出来事なんです。宇宙は膨張しているとか
のレベルで信じがたい事なんです。宇宙の外壁が光の速度で外側に広がっていくとかどうい
うことやねん。今この瞬間とこの瞬間で既に1光年以上広がってるってどういうことやねん。
宇宙でっけええぇぇぇぇ!!!

そう、僕にとって性病とはそんなレベルで信じられない事象なのです。

そんな童貞である僕なのですが、実は最近、チンコが痛い。
せっせとオナニーとかに興じていると、「いたっ!いたたっ!」ってなるんです。
何事かとチンコをまじまじと観察してみると、よくわかりませんけど、なんていうか、結構
小さいのかもしれない・・・。他の人のチンコなんて心底興味ないですけど、大体平均的な
サイズが15センチ程度らしいので、それを考えると実は僕のチンコって小さい部類に入
るんじゃないだろうか。まあ別に他人の目にさらす機会なんて銭湯くらいしかないからいい
けど。
で、何の話でしたっけ。

あ、そうそう、最近チンコが痛い。
なんだろうと自分のチンコを観察してみると、こう、チンコの横腹んとこがね、日に焼けた
後の皮膚みたいになってるんですよ。
夏場に体を焼くと、皮がぺりぺりと剥がれる現象が起こるじゃないですか。
あれがチンコに起こってるんです。チンコの皮が剥けてるんです。剥けてるんです。

僕も結構悩みましてね。「チンコの皮が剥けて」とか言ってもそもそも剥けちゃいけないと
こが剥けてるもんだから全然なんつうか感慨に浸れないわけですよ。
ていうかこれは何なんだと。
とりあえず性病ってことは絶対ありえないと僕自身が一番わかっていますから、その可能性
を除いて考えるんですけど、思い当たることが何もない。
毎日風呂に入ってチンコ洗ってますし、下着は毎日取り替えてますし、多分不潔ってことは
ないだろうと。これで不潔とか言われたら日本人の9割が不潔になるんじゃねえか。
オナニーのやりすぎなのかとネットで調べてみたんですけど、「オナニーやりすぎるとバカ
になるの?」とか「チンコ黒ずむの?」とか「童貞なの?」とかそういった類の結果しか出
てこないんですよ。「オナニーやりすぎて日焼けしたみたいに皮が剥けた」とかそういう話
は全然出てこない。
もうこうなってくると最初に除外した考えを取り入れるしかない。
「完全にありえないことを除いて残ったものは、いかにありそうにないことでも事実に間違
いないのだ」とシャーロック・ホームズも言っています。

そう。実はこれ性病なんじゃねえのか。

ここで再確認していただきたいのは、僕は正真正銘嘘偽り間違いなく決定的で絶望的な血統
書付きの真性童貞だということ。素人童貞でもなく、真性の童貞。マンコとか信じない。非
マンコ派です。あんなもん昔の人が夜道で柳か枯れ枝と見間違えたに違いない。
そう信じることが出来るほどに純正童貞なんです。

そんな僕が性病に掛かる。
もう処女懐妊レベルの出来事。僕の周りを天使とかがラッパ吹いて飛び回ってるレベル。

そんなことをカップルに話したら、「それインキンじゃね?」とのお言葉。
やっぱな、カップルは夢がねえよ。あいつらの目は濁ってるよ。

僕もそのときはインキンに対する知識を持たなかったので、そうなのか僕はインキンなのか
と納得してしまったのですが、今ネットで検索して症例の画像なんかを見ると全然違う。
その画像では赤くなってぶつぶつみたいのが出来てたんですけど、僕のチンコにそんな症状
全く出ていない。ただ剥けるだけ。

やっぱね、性病だよ。
おめぇら性病の事とかそんな理解してないだろ?
童貞でも性病になるんだよ。性病ってのは神秘的で信じられない現象なんだよ。

母さん、僕、性病になりました。(誇らしげに)
2006.10.21
人生ってのは、何かと闘うってことだ。


誰が言ったかはわかりませんが、僕もまあ人生ってのはそういうものなのかなぁなんて
思ったりもしちゃうんです。
まあこんな23歳の童貞がそんな事言ってみても、人生語るほどに人生経験ないわけなん
ですけど。今日び中学生の方が僕より人生経験あるからな。
ホント泣きそう。泣くっつーか慟哭しそう。

そりゃあ僕等は社会の荒波に飲まれないように頑張ったり、上司にグチグチ言われたり
ポップコーン投げつけられたりしても稼ぐために我慢しなければならない。アパートの
上の階の住人がおいおいそれどんなセックスしてんだって勢いでダンダンと僕の部屋の
天井を踏み鳴らそうとも我慢しなければならない。そういった事全てをひっくるめて、
人生は闘いだと捉えることができるんだと思う。最後のは単に僕の気が弱いだけかも
しれないけれど。

でもね、いくら闘いだからって何でもありってのは流石に勘弁してほしい。
こちらとしても常識の範囲内で闘いたいわけですよ。どんな苦境に追い込まれようとも、
最悪想定の範囲内で闘いたい。予想もできないようなものと闘いたくはない。

僕ね、リプリーって心底尊敬してるんですよ。
だって、エイリアンですよ。あんなローションドロドロの汁男優ですよ。
あんな口の中から口が出てくるマトリョーシカみたいな奴と、宇宙で!3度に渡って!
闘って勝利を収めているんですよ。マジヤバイ。強すぎる。
まあ正直ね、エイリアン2,3はもうエイリアンってのはこういうやつだってのがわかった
上での闘いなので想定の範囲内としても、第1回目の闘いってのは想像を絶したものだ
ったと思うんです。
なんか変な卵からミギャー!とか言ってキモイのが出てきて、見る見るうちにデカクな
って行くんですよ。口ん中から口出てくるし。
そんな奴等と闘って3度勝利。すげぇ。強すぎる。
でもやっぱね、リプリーもそんな奴と闘うってのはね、正直勘弁してほしいと思う。
いくら人生は闘いだと言っても、そんなん自分の人生に関わって欲しくないと思う。

ウルトラマンとかもっと酷いですよ。
見知らぬ星で、見知らぬ敵と闘うんですよ。しかも毎回毎回違う敵。
もう想定外もいいとこ。むしろ想定内の事のほうが少ないんじゃないか。

ちゃんと両手両足のある自分と近い形をした怪獣なら、まだ対処法もなんとなく解かる
ことでしょう。でもなんか全然自分と違う形をしてる怪獣と闘うとかなったら、すげぇ
困ると思う。しかも3分以内に殺さないといけないなんてもう絶望的。
だって普通に何してくるかわからないからね。
もしかしてら触っただけで妊娠とかさせられるかもしれないからね。
殴ったらビチュブチャグチュ!とかいって、変な緑色のねばねばした液体が出てくるか
もしれないからね。しかもなかなかとれねぇの。
厭すぎる。
心底勘弁願いたい。

きっとね、リプリーやウルトラマンに聞いたらこう答えると思う。
「人生は闘いである。が、最大の敵もまた人生である」と。
2006.10.18
日本だけをとってみても、美少女ってのはたくさんいるわけです。

こと二次元美少女に関してはもう向かうところ敵なし。世界を相手に余裕でブッちぎりの
トップランカーであるわけです。
国外の方々には、『日本と言えば「ワビ、サビ、モエ」』とか言われるレベルで
スターダムオンザ二次元。

そんな縦と横しかない平面大国日本に於いて、しばしば全日本国民的美少女コンテストなん
てものが開催されているんです。
もう僕みたいなおたくからすれば、「全日本」を冠しているというのに何故三次元しか基準
にしないのかということを問いたいわけですよ。秋葉原のメイドカフェで問いたいわけです
よ。
奴らにしてみれば二次元なんて存在しないことになっているに違いない。
三次元は二次元より尊いとか思っているに違いない。

もう勘違いも甚だしいわけですよ。
てめぇら1があるから2があるんだってことがわかっていない。
二次元があるから三次元があるんだろ?
下があるから上があるんだろ?
価値基準が曖昧になってきているこの世の中で、お前らが堕ちて堕ちて堕ちて堕落した後、
最後に「こいつよりは」と思うのは我々おたくを見たときなんだろう?
おたくより自分は尊いと思っているんだろう?
そんな風に傷ついて泣いているお前らを無条件に受け入れるのが僕らの役目なんだよ。

なんだか凄い勢いで脱線しましたが、そんな無条件に優しい二次元、世界の二次元、ワール
ドワイド二次元を国民的美少女の審査基準にしないなんておかしすぎる。
頭ん中にアワビでも飼ってるんじゃねえかって思う。

結局何が言いたいかって言うと、僕はあんな国民的美少女なんて認めない。
だって僕、審査してねぇし。
国民である僕が審査してない国民的美少女なんて認めない。


あれ?もしかしてそれ以前に僕って国民として認められてない?
2006.10.17
「今日はスペシャルゲストの○○さんにきていただいてま〜す!!」


TVやら何やらで上記のようなセリフを良く耳にします。
レギュラーメンバーではない、ゲストの方を紹介する時に良く使うフレーズですね。

でもね、僕はこのセリフを耳にすると途方もなく寂しい気持ちになるんです。
まるで電車の座席に座ったら無意味に僕の隣に誰も座ってくれなかったときみたいな気持ち
になってしまうんです。

僕は問いたい。
「スペシャルゲスト」って何?と。
ゲストじゃなく、スペシャルゲストって何?と。

ここでもうね、格差が生じているわけですよ。
スペシャルなゲストと、そうでないゲストという格差が生じているわけですよ。

そりゃ僕かて分別もある程度ある童貞ですからね、招く側が個人的に特別な思い入れのある
ゲストもいるでしょうし、「で、こちらどちら様?」ってな感じで別に興味ないけどまあ一
応客人ですよ、という感じのゲストもいることでしょう。
格差を無くせとは言わないし、それは多分出来ないことだとわきまえているつもりです。
100M走で皆並んで仲良くゴールとかクソ食らえだと思っています。

でもね、それを言うなやと。
○○さんがスペシャルゲストなのはわかった。それはいい。
じゃあ仮に××さんが呼ばれたときに、「今日はゲストの××さんにお越しいただきました」
とか言われたら××さんはどう思う?って話なんですよ。

酷いじゃないですか。
酷い仕打ちじゃないですか。
僕なら泣きながら日本酒飲む勢いで酷い仕打ちですよ。

昔SMAPの歌で「世界の一つだけの花」って歌の「ナンバーワンになれなくてもいい。
もっともっと特別なオンリーワン」という歌詞があったわけですけれども、××さんはその
歌で言うところのナンバーワンはおろかオンリーワンにすらなれなかったわけですよ。
全然オンリーでも特別でもスペシャルでもないわけですよ。

ゲストとかね、ホントかわいそうになるんです。
お前の上がいるんだぞと。スペシャルなゲストが、
特別なオンリーワンゲストがいるんだぞと。

そんなことをパソコンの前で体育座りしながら書き込んでる僕。
間違いなくもっともっと特別な、スペシャルロンリーワン。
2006.10.15
世の中には意味のわからない言葉がたくさんありますね。
PSPが何の略だったのかなんて最近になって知りましたし、セックスなんて何のことか
さっぱりわからない。何ですかセックスって。都市伝説か何かですか?特殊相対性理論なん
て意味がわからない。おめぇの存在自体が特殊なんだっての。

そんな意味のわからない言葉がたくさんあるなかで、結構身近なのによくわからない言葉が
あるんです。
それは「ドタバタコメディ」。

なんとなーくね、そこはかとなく言いたい事は感じる。ニュアンスはなんとなく解かるんで
すけど、実際問題それってどんなコメディやねんって話なんですよ。

僕もまぁ今までなんとなくニュアンスは解かったつもりだったのでそのまま放っておいたん
ですけど、やっぱ理解しておかないと不安じゃないですか。
ちゃんと理解せずに使ってみたら使いどころが違っていて、「え、そこでその言葉かよ。
そりゃねえよ」「プ、こいつ意味わかってねえな」「キモイのよ童貞」とか言われかねない。
そんなことを言われたら自殺しかねない。

そんなわけでとりあえずグーグル先生に質問してみました。

・・・意味がわからねえ。
意味がわからないのでとりあえず一番上に上がっていた
「『ときメモONLINE』がアニメ化!ドタバタコメディに」っつーのを見てみました。

うん、なんつうかさっぱりなんですよ。
以下引用

>物語は私立つもぎ高校に転校してきた主人公、大賀陸(仮)が、
>“完璧美少女”天宮 小百合、“元気娘”春日つかさ、“妹タイプ”の弥生 水奈と交流を
>しながら学園生活を送っていくハーチフルドタバタラブコメディとなっている。

全くわからない。
転校してきた兄ちゃんが女の子とイチャイチャと学園生活を送る話なのはわかるんですけど、
最後の一文が理解できない。
とりあえず「ハーチフル」って何やねんと。そこから教えろといいたい。
理解するどころか更に不可解になってしまいました。

そこで僕もインターネットでエロ画像とか検索しつつドタバタコメディについて
知恵を絞っていたんですよ。
ネットを見るとかなりの数の「ドタバタコメディ」作品がある模様。
作品内容なんかをよくみてると、大人数の登場人物がわあわあやる感じの話らしいんですよ。

そんなんいうたらアレかい。「サザエさん」もドタバタコメディかい。
「渡る世間〜」はドタバタ人間ドラマかい。
「ドーン・オブ・ザ・デッド」はドタバタゾンビ映画かい。

厭すぎる。
ドタバタゾンビ映画だけは厭すぎる。

そんな感じで色々調べてみたんですけれど、結局「ドタバタコメディ」の定義を知ることは
できませんでした。
全く意味がわからない。
僕の人生のようにわからない。

ただ、今まで調べてきて一つわかったことがあります。


僕の人生はドタバタではありえないということがな!!!
2006.10.7
気がつくと僕は仰向けになって寝ていた。
僕の周りには様々な器具があり、その形は僕を本能的に怯えさせた。

「ほら、あなたの此処を見せてみなさい」
気がつくと僕の頭の上には女性が立っていた。
僕は彼女の指示通り殆ど誰にも見せたことのない秘部を広げて見せた。
「あらあら、こんなにしちゃって。」
そう言いながら彼女は彼女の周りに並べられた器具でもって僕の秘部をかき回した。
「あっ・・あふぁ・・・」
思ってもいない声を出してしまった僕を見て、彼女はくすりと笑った。
「ふふ、もう我慢できないのね。ほら、これで弄ってあげるからね」
彼女は器具の中から先細りの棒を取り出し、先端を回転させながら僕に囁いた。
「痛くしないであげるから・・・」


ぎゅいぃいいぃいんんんん!!

「アッー!!アッアッー!!!」


そんなわけで先日歯医者に行ってきました。
もうものすごい弄り倒されました。

僕の奥歯んとこに親知らずが一本生えてるんですけどね、こいつがまたすげぇの。
歯並び的に言うと他の歯が体育座りして並んでるところで、こいつだけハーレーで乗り付け
てるみたいな勢いで並んでないんですよ。もう大御所ですよ。すげぇ鎮座してるんですよ。

それを見た上記した女医さんの発言がまたすげぇの。
「虫歯結構進んじゃってるわねえ。これじゃ歯磨きもしづらかったでしょう。
うん、神経抜こうか」


サラッと神経抜くとか言わないでー!

なんかもう晩御飯はカレーにしようかくらいのお手軽さで
神経って単語を出しやがるんですよ。
いやあんたにしたらそりゃ日常茶飯事かもしれませんが、僕からしたら大問題だから。晩御飯
はカレーとか言われたら結構喜ぶから!いや違う。神経抜くとか言われたら結構ビビるから!
せめてこう「うーん、冷蔵庫買い換えちゃおうかなっ」くらいの慎重さはほしいわけ。
晩飯の献立考えるレベルで言ってほしくないわけ。
でもここにいる限りは彼女に従うしかないわけですよ。女王様が神経抜くからっつったら神
経抜いてもらうしかないわけですよ。
ウンコ食えっつわれたらウンコ食うしかないわけですよ。

そんなわけで僕の恥ずかしいところを大きく広げて、すげぇ勢いで弄り回してもらいました。
神経抜くだけあって麻酔注射とかされましたからね。
一本打ってもらった直後に他の患者さんを治療しだして、
30分くらい放置プレイされてたからね。
麻酔切れちゃう切れちゃうー!とか思ってた。
したらホントに麻酔が上手く効いてなくて、削ってもらいだしたらすんげえ痛いんですよ。
女王様が歯を削りながら「痛い?」とか聞いてくるんだけど、
リアルタイムでギュインギュイン削られてるわけだから、口ん中で凶器が暴れまわってるわ
けだから危なくて頷けやしない。
しょうがないから手を上げて意見してました。
神に誓いますくらいの勢いで左手を上下させてた。

そんな感じで麻酔を二本バスンと打ち込んでもらって、神経とってもらってきました。
なんか親知らずが横に生えてるらしくて、それを矯正するために歯を半分くらい削ってもら
ってきたんですけど、女王様としても結構なオペだったらしくていろんな器具使ってたんで
すよ。5,6種類くらいの器具を使ってたんですよ。

削る音も、最初は「キュイーン」とかいってわりとメジャーな音だったんですけど、最後ら
へんなんか「ズガガガガガガ」とかいう音のする器具使ってましたからね。
少年ジャンプの格闘漫画に於ける擬音みたいな音してましたからね。
初めて聞いたわそんな音。歯の焼けるにおいとか初めて嗅いだわ。

てなわけでまあとりあえず今回のオペは終わって、「週1回通院してくださいねー」ってな
とこで丸く収まったんですけど。

あれから結構日数経ってるのに、未だに口の中が歯医者の臭いがする。
呼吸するたび歯医者を思い出す。もう歯医者が忘れられない。


・・・これが恋なのッ!?
2006.10.2
スピーディーにしてほしい。

ヒーローって職業の奴らには、特にスピーディーに動いてもらいたい。今よりももっと。
もっともっともっと。

ヒーローって奴らは大体守備的なんですよね。
例えばなんか悪い奴らが現れたー。割と軽い感じで日本の軍事力を以ってして攻撃ー。
うわー、歯が立たないー。どうしようー、助けてーッ!○○マーン!
ってなシナリオが出来上がってるわけですよ。
しまいには守備的過ぎて全てを放棄するヒーロー(?)みたいな方まで出てくる始末。

そりゃお話も終盤になれば敵のアジトに侵入みたいな話も出てきますけれどもね。なんかえ
らい近場にあったなみたいな感じで、ひょっとして練馬あたりにあったんじゃねえの?って
感じでお手軽に敵のアジトに進入したりもしますけれども、大抵は悪者共が悪事を働くのを
目視確認してから迎え撃つんですよ。このヒーローって人種は。

そんなわけだからとにもかくにも彼らにはスピーディに動いていただきたいもの。
悪者を迎え撃つ術のない僕ら一般市民としては、ヒーローの登場が1分遅れただけで命を落
としかねない。とにかく迅速に!スピーディーに!そこんとこをお願いしたいわけなんです。

そんな僕ら一般市民の心境を知ってか知らずか、ヒーローのやつらとにかく登場が遅いんで
すよね。とりあえず一服して、死者が出てから動けばいいやーみたいな感じになってるんで
すよ。

そんなヒーロー達の中で、一番そこらへんを自覚していただきたいのがスーパーマン。
正直ね、あいつ宇宙人なわけですよ。正直変身とかしないでも強いわけですよ。他のヒー
ローの方々は人間の姿の時には100%力を発揮できていない為に変身をして力を解放するん
ですけれども、スーパーマンは違うんですよね。あいつそのままで強い。素材が生きている。
変身とか言ってますけどただ単に全身タイツに着替えてるだけですからね。

もうね、僕らとしてはその変身っつーか着替えをしてる時間すら惜しいわけですよ。
1分1秒を争うわけなんですよ。
別にスーパーマンは顔がバレないために、変装の為に変身をするわけでもないんです。
顔とかむちゃくちゃ素のまま出てるからな。別に着替えないと空を飛べないわけでもないん
ですよ。

もうね、電話ボックス探してあたふたして、やっと見つけて着替えをするって間に、
人間一人二人死んでるわけですよ。
いいじゃん別に。スーツのままズバッと飛んでけばいいじゃん。
スーツのほうが逆にありふれてて正体の隠蔽効果が上がるかもしれないじゃん。
そのまま飛んじゃったらネクタイとかジャケットとかバサバサバサーってなりますけど、
そんなもん人命に比べれば大したことないじゃないですか。つーか脱げばいいじゃん。

なんでアメリカの方々は文句言わないんだろうなぁって思うんですよ。おめぇその着替えと
かどうでもいいからもっと早く来てくれよって言えばいいのに。

やっぱアメリカはビッグな国土だから心もビッグな人たちが多いのかなぁ。
それにしてもスーパーマンはビッグすぎる。いろんなところが。
2006.10.1
かと言ってまあ僕も人のことを言えるほどではないのですけれども。

なんですかねえ。
最近の世間では自分の仕事に責任とか義務感とか、俺は私はこの仕事でおまんま食ってんだ
ぞという自覚というか、この仕事に誇りをもってんだぞという、言うなればプロ意識のよう
なものが希薄になっているような気がします。

確かにいやいや私はこの仕事に誇りをもっているし、責任や義務感やプロ意識を持って働い
ています!という方々も大勢いらっしゃることでしょう。
でもそれと同じくらいなんとなーく仕事してる人たちも大勢いると思うのです。

別に今就いている仕事が自分のやりたかった仕事というわけじゃないしー、とか。
フリーターだしー、とか。
ニートだしー、とか。
色々と皆様事情があることだと思うのです。

学校卒業からその流れでなんとなく今の仕事に就いてなんとなくそのままで、っていうのは
たくさんあると思うのですよ。

いやいや、それが悪いとは僕の口からは言うことができません。
偉そうに言っている僕自身今の仕事に誇りとプロ意識をもってやれるかというと、ぶっちゃ
けると持っていません。ただ食いっぱぐれない為だけの仕事になっています。
だから全然僕が言えたクチではないのですけれど。


学校の授業で映画見せるってのはどうなんだろう。


僕も授業で何度となく映画を見てきました。
小学校の時の道徳の授業なんて毎回NHKの「さわやか三組」とか見てましたからね。
なんか毎回一波乱あるとてもさわやかとは言えない3組の話を毎回みてましたからね。

まあ今回道徳のさわやか3組とか生物の解剖の教材ビデオだとかそういったものは抜きにし
て、「はーい、今回の授業は映画をみまーす」とかそういうのってどうなんだろうと思うわ
けなんですよ。

僕らだけなのかもしれないんですけど、たまに英語の授業の時に映画とか見てましからね。
英語つながりで洋画なのはいいんですけれど、思いっきり日本語吹き替え版なのな。
せめてお前字幕にしろよとか思いながら見てました。
思いっきり吹き替えられた「ドクタードリトル」とか見てましたからね。

いやね、生徒からしたら全然嬉しいんですよね。授業つぶれて映画見れるなんて楽でいいや
なんて思えるんですよね。
でもそれって「教師」としてどうなんだろうって思うんですよ。

こういうときの先生の意図としては2種類あると思うんです。
「もう教科書の内容全部教え終わったし、今期教えることはもう無いから今日は映画でも見
ようかー」ってタイプと「これホントいい映画だからお前ら見てみろよ」ってタイプと。

僕が言いたいのは後者のタイプなんです。
それってプロ意識ないんじゃないのって話なんですよ。

だって、「俺の言いたいことはこの映画に詰まってるからこれ見とけよ」って事じゃないで
すか。自分が教えるべきことを映画にまかせきっちゃってるって事じゃないですか。
なんかそれってどうなんだろうなぁって思うんですよね。

それ本来ならお前が噛み砕いて自分の言葉で生徒に伝えないといけないことなんじゃないん
かいって思うんですよね。

ちゃんとお前がプロ意識もって生徒に伝えろよって。
ピンチヒッターに映画使うなよって話なんですよ。

先生なんてなんとなくでなれるようなもんじゃないと思うんだけどなあ。
ちゃんとプロ意識持ったらいいのになあ。

でも僕の高校の時の女教師、女の子の生徒になんか言われて泣いてましたけどね。
大変だろうけど、先生頑張れ。ちょう頑張れ。