2006年12月日記
2006.12.31--2006年納会--
今年も残すところあと僅かとなりました。
本年はお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

と、いうことでね、大晦日ですよ大晦日。
大晦日といえば独りどん兵衛で年越しというのが、ここ数年僕の大晦日スタンダードになっ
ているんですけれども、何故かね、このときに作るどん兵衛だけは気持ちしょっぱくなって
しまうんですよ。なんでだろうね、なんなんだろうね。な、泣いてなんかないよ! これは
あの、そばが目に入っただけなんだから!!
そんなわけでね、今もう既に手元にどん兵衛(特盛)が用意してあるわけなんですけれども
ね。
まあアレですよね。世間のクソカップル共は、猛り狂った淫獣共は姫納めだとかなんとか言
って姫にチンコを納めたりしてるわけですよ。チンコ奉納とかしてるわけですよ。着物なん
か着ちゃって「ア〜レ〜」とか「およしになって〜」とかやってるんですよ。あのグルグル
するやつやってるんですよ。ホントもうね、こいつらを骨壷に納めたいわ。

まあまあね、大晦日にこんなこと言っててもしょうがないんでね、今日は今年の思い出でも
語りながら独りどん兵衛(特盛)でも食したいと思います。
今も色々と思い出を振り返りながら過去の日記をバーッと見てたんですけど、なんだろう、
死にたくなったね。ないしあの頃の僕を殺したくなった。来年からはもっと面白いものを書
けるよう頑張っていきたいと思いました。

過去の日記について触れていくと錯乱してハンズで荒縄を買ってきて自分を亀甲縛りとかし
かねないので、その話は皆様のジャケットの内ポケットにしまって頂くとして、その他のこ
とで今年を振り返っていこうと思います。

2006年。正直僕個人としては大した事件はなかったんですよ。2年越しの失恋があったりと
か無職になったとか、そんな大して面白くもない話ばかりだったんですけれど、僕の友達で
ね、一人酷いヤツがいたんですわ。
正直僕は友達が多いほうではないんですけど、その数少ない友達の一人がね、まあR君って
いうんですけども、そいつが失踪してたんですよ。
失踪の経緯をあんまり事細かに書くとR君に訴えられかねないので大雑把にいくんですけど、
R君が当時付き合っていた彼女っていうのはそれはそれは酷い性格の人間でR君の親を含め
て周りの人間全員が「別れるべきだ」と助言していて、R君も「あいつは人間じゃねえ」と
のことで僕らは当時公開されていた映画になぞらえて「あいつは人間じゃねえ、新造人間キ
ャシャーンだ」とか呼んでいたんですけど、R君は何をトチ狂ったのかそのキャシャーンを
妊娠させてしまって責任を取るために夜の街で働き出し同棲を始めたんですが、日に日に酷
さを増すキャシャーンの仕打ちに耐え切れなくなって母子共々放り出して失踪してしまった
らしいんです。
あっ、全部言っちゃった!
いやでもね、ホントもう携帯電話の番号とかも全部変えて、ガチンコで失踪していたんです
よ。これ僕の地元の話なので東京に住んでいる僕はどうしようもなかったんですが、周りの
人の情報によるとキャシャーンは探偵まで雇って捜索していたらしいですからね。
「失踪」に「探偵」ですよ。火サスかっつー話ですよ。
まあしばらくしてR君は探偵に発見されてキャシャーンの元に帰ったんですが、既に離婚届
が出されてて慰謝料300万くらい請求されたらしいです。あと月々の生活費と養育費。
怖いのが慰謝料のうちいくらかは「あんたのせいで免許の更新いけなかったから新しく免許
とるための学費」と「あと車欲しいからそのお金も」らしいですからね。恐ろしすぎる。な
んやねん車欲しいからその金も、って。免許の更新なんて確実にいけるからな。
人間のセンスでは成し得ない事を平然とやる、それが新造人間たる所以ですよ。僕から言わ
せてもらえばそんな奴を妊娠させる奴の気も知れないけどな。

人生を四文字熟語にあらわすと「虎視眈々」という言葉が語感だけがぴったりと当てはまる
そんなR君と今年再会できたんですよ。2年振りくらいでしたね。
顔がもうね、インドで3年くらい修行してきましたみたいな顔しててね。象に乗ってそこら
へん歩いててもおかしくない顔しててね、そんな顔で上記したような話の詳細を教えられて
ね、思わず拝んじゃいましたからね。
積もる話もあって朝まで酒を飲んで飲み屋を追い出された後は公園でジンを回し飲みとかい
うどう好意的に見てもキチガイとしか思えない行為をしてましたからね。アレは酷かった。

あとは何だろう。
年も暮れだしてからテキストサイト上での知り合いが増えたってのはすごく嬉しかったです
ね。苦しみや嬉しさが共有できるってのはすごくありがたいことだと実感しました。
1年半もテキストサイトやってきて初めて参加させていただいたイベント「除夜の鐘テキス
ト祭」も、いい経験が出来たと思います。ありがとうございました。

それに今年も1年童貞でした。
僕が「童貞です」って言うと一部の方に「どうせネタなんだろ?」とか言われるのがすごい
心外でしたね。あのね、こういうのって自己申告しかできないものじゃないですか。女性な
らばそれは処女幕でも見せれば純潔を証明できますが、いかんせん童貞は幕なんて無いわけ
ですよ。幕どころかゴムすらつけたこと無いわけですよ。証明できるものがないのがすごい
悔しいですよね。僕が女性だったら即座に処女幕見せ付けてるからね。「オルァ! これが
俺の純潔だ!」っつって見せてますからね。そして病院逝きですからね。
それに付随して「童貞ネタがちょっとオイシイとか思ってるでしょ?」とかいう奴ね。
もうね、言わせてもらう。「持っている武器を有効に使って何が悪い!」って話なんですよ。
言うなれば女性ブロガーなんかの乳房もそうじゃないですか。ボロンと乳を晒してアクセス
数やコメント数を集めようって事じゃないですか。それは手法であり戦法でありもてる武器
を最大火力で使ったやり方に他ならないんですよ。
女性が乳を晒すのと同じ様に僕は童貞を使用しているだけなんです。
モテチンコはすっこんでろって話なんですよ。「持つ者と持たざる者の差だ!」といいたい。

そんなわけでね、来年も童貞童貞言ってると思います。そして童貞を更に有効活用すべくな
んとかして童貞を証明する為の「童貞の証明」というものを発見したいと思います。
その「有効」がまあサイトに於いても人生に於いてもプラスに作用するかマイナスに作用す
るかはわかりませんが。サイトの名前からして若干予想できますけどね。

ということで二度目になりますが、本年は大変お世話になりました。
来年もまたよろしくお願いいたします。

良いお年を!!
2006.12.30
エレベーターのヤツと、一度じっくり酒を酌み交わしたい。

ホント大変なお仕事だと思います。
「私、尻の軽い女だと思われてるのかしら。で、でも、呼ばれたからには行かなくちゃ!」
とばかりにボタン一つで上だろうが下だろうが一目散に駆けつけるんですよ。
上に向かっている最中に一階で呼び出しをくらって、一生懸命にまず今運んでる人を送り届
けてからまた一目散に一階にトンボ帰り。
急いで駆けつけたのに「チッ、おっせぇんだよ!」とか言われるんですよ。「ご、ごめんな
さい!」とばかりにすぐさま扉を開くエレベーター。
乗った人が「閉まる」ボタンを連打したりしてね、「早く閉まれよ!」とか言うんですよね。
「で、でも扉の近くに人がいるから……危ないから……」

ホントにね、大変ですよ。朝早くから夜遅くまで、上に行ったり下に行ったり。
エレベーターだって頑張ってるんです。頑張って僕らを運んで上下運動してるんですよ。
僕はエレベーターに感謝したい。そしてその労をねぎらってあげたい。なんなら「ベストピ
ストン賞」とかで表彰してあげたい。

先日そんなエレベーターに乗っててね、ものっすごい腹立ったことがあったんです。
いや、割と毎回あるんですけどね。
僕らがエレベーターに乗ってるんですよ。割と満員に近い状態で。で、他の階の人を乗せる
ためにエレベーターが止まるんですけど、当然満員だからそこの階の人たちは乗れないわけ
なんですよ。乗れないのはいいんですけど、その乗ろうとしていた人たちが僕らの乗ってい
るエレベーターの満員具合を見て「うわぁ……」とか言うんです。もうこれに腹立って腹立
ってしょうがないんです。
いやいやいや、なんですかと。「うわぁ……」て。何うわぁだよと問いたいわ。
何か、人がめいっぱい乗ってるからうわぁなのか。おめぇだってその一員になりえたわけじ
ゃねえか。むしろ人がいっぱい乗っててもむりやり乗り込んできたりするじゃねえか。そん
なお前の方がうわぁだよ。

もうね、エレベーターに言いたい。助言したい。
最大搭載重量とかありますけど、物理的に乗れ無そうな重量のときは降りる人がいなかった
ら止まらなくていいんじゃないかっていいたいんです。
例えば最大搭載重量が1600kgだったとしましょう。そんなときに上にいくのか下にいくの
か知りませんけど、外にいる誰かがボタンを押して停車させたとしましょう。そのときに既
に1599kgとか積んでたら止まる必要ないんじゃねえのって言いたいんですよ。要はね、ど
う考えても人一人乗れないような状況だったら止まらなくていいと思うんですよね。
ホントちょっとね、エレベーターさん真面目すぎ。判断基準がシビアすぎ。
多分ね、エレベーターは1599kgでも止まるんですよ。1kgでも余裕があれば、「あと
1kgは積めるんだから止まらなきゃ!」っつって止まるんです。1600.1kgだと多分ブー
ッて警告音が鳴って乗れないでしょ? 1599kg積んだ状態だとガンガン止まるでしょ?
明らかにもう積めないのに。エレベーターがノンストップで行くには積載量ジャストにして
あげないとダメなんだよね。一寸の違いもなく、1600kgジャストにしてあげないと、絶対
どこかで止まっちゃうか乗れないかなんだよね。
すげぇ真面目。絶対A型だよ。「ベスト真面目ピストン賞」とか受賞させてもいいと思う。

ホントね、こいつと酒を酌み交わしたい。
「お前もうちょっと砕けてもいいと思うぜ〜」って言ってあげたい。「真面目すぎんだよお
前はよぉ」とか言ってあげたい。
2006.12.27
僕もいい加減、もう大人のつもりでいる。
もう親に甘えては生きていけない。いつまでもモラトリアムに浸っていられない。自分の力
で生きていかなくてはならない。
他の大人の方々からみれば僕のような若造はまだまだガキ、ヒヨッコが何を知っているとい
うのだと思うのかもしれない。でも他の人から見てガキかどうかってことではなくて僕が僕
自身を生かしていくためには僕は大人にならなくてはならない。まだ大人になりきっていな
いのかもしれないけれど、それでも僕は大人のテイでいなければならない。

家賃や水道光熱費を自分で出し、自分で食べ物を買ってきて調理して後片付けまでしなけれ
ばならない。掃除だってしなければいけないし、いくら朝が弱くてもいつまでも誰かが起こ
してくれるわけではない。
自分で決断して生きていかなければならないし、誰が何を言おうと一度決断を下せばそれは
僕が僕の意思で決めたという事になる。全ての行動は自分の責任になる。
母や父は、もう関係ない。
もう僕は、何々さんちのたくろう君ではない。

だけどそこには、責任と共に自由がある。
どれだけ好きなモノを食べようが何時まででも夜更かししようが肌がカサカサになるまでオ
ナニーしようが、それは僕の責任で僕の自由だ。
新聞なんて読みたくないって言える。エロ本なんて散乱し放題できる。ちょっとオトナのテ
イで週刊現代みたいな雑誌だって読める。疲れたサラリーマンがせめてもの慰みにとゴシッ
プを読む、なんて一コマを演出できる。


って演出してたら、週刊○○(一応伏字)を読んでアダルトというか若干加齢臭漂う演出を
していたら、こんな記事があってビィックリした。ビックリじゃなくてビィックリした。

「年末年始はこのTV番組を見ろ!」

いや、ほら、僕らもさ、もういい大人じゃない。週刊○○を隅々まで読んで厭世的に唇の
端をつりあげるくらいには大人じゃない。
そんなさ、僕らがさ、いい歳こいた大人がさ……何で年末年始に見るTV番組をおめぇらに
決められなきゃなんねえんだっつうの!!
そりゃあね、歳をとるほどに生きることができれば、下の世話は若い人にやってもらうこと
もあるかもしれない。でもね、僕らはまだバリバリ現役じゃん。下の世話っつったら満面に
エロい笑顔を浮かべて「いく?いっちゃう?」とか言って色町の方角を指差すような歳じゃ
ん。そんな僕らが何で「年末年始はこのTV番組を見ましょうね〜」「は〜い」なんつって、
この歳からTVの世話してもらわなきゃならないんだっつうの。
わかってる? 僕らナメられてるんだよ?
「どうせこいつら皆と一緒のTVを見ないと、情報を共有してグループの話についていかな
いといけないという社会性動物の本能を発揮して、俺らが先導したとおりの番組みるんだぜ」
って思われてるんだよ。
こういうのむちゃくちゃ腹立つわ。
そんなんが普通の基準なら、皆と同じものを見て同じ感情を共有するってのが普通なら、そ
んなもんクソ食らえだ。
そんなもんなら、僕は変態といわれても人と違うことがしたい。むしろ変態と呼ばれたい。

まあね、皆が皆こんなもん真に受けてるとも思わないけど、普通が悪いとは言わないけれど、
せめて見るTVくらい自分で決めましょうよ。
絶対そんなもんに踊らされるなんてことはやめましょう。

もう、いい歳した大人なんだからさ。
2006.12.26
関東が豪雨。すっげぇ雨。
あのね、雨の野郎、地面に何の恨みがあるんだって勢いで叩きつけるような雨。
ざばばっばばばーって雨だった。

でも正直関東全域が豪雨とかね、興味ないんだよね。
西東京市が晴れてるか雨降ってるか曇ってるかシータが降って来るか、そこが問題なんです
よ。原宿でヤリが降ろうが興味ないわけ。もうどうぞ御自由に、神の御心のままにって話な
わけですよ。

でも、興味ないことってのは僕にとって非常に得がたい情報だと思うのです。
インターネットが爆発的に普及した昨今、今や小学生でも無修正動画やらグロ動画やらを試
聴することができるわけです。ママとパパの愛でコウノトリを呼んでお前を授かったんだよ
なんてのは最近の小学生には通じない。ママのびらびらをパパが愛撫して、そのカチカチで
ぬるぬるになった、さながらクリスマスツリーのように光り輝くパパのチンコをママの肉の
靴下にインアウトインアウト! で、僕が生まれたんだろ? あ? ってなことを小学生が
言う可能性もあるわけですよ。
知りたい情報はパソコンにネット環境があれば大体のことは知りえるようになってしまった
のです。
昔僕らが心を躍らせ仲間達と息を荒げて鑑賞したビショビショになったエロ本の価値は、今
や濡れた古いジャンプと等価になってしまっているのです。
こういう現実を見ると、少し寂しいものがありますね。

しかし僕らは「今」を生きていて、今や興味のある情報や、必要な情報はほとんどインター
ネットで仕入れることができるのです。少し手を伸ばせばすぐに必要なものがある環境に生
きているのです。
だけどそれは同時に必要でないこと、興味の無い情報は手に入れにくくなってしまったとい
うことなのです。

例えば雨や露に濡れ、打ち捨てられたビショビショのエロ本。
それがハードコア緊縛モノだったとしましょう。
そのときには全く興味がなく、自分にとっては必要の無いエロ本であったかもしれません。
ですが、腐っても鯛、濡れてもエロ本です。中学生や小学生にとってエロ本とは何物にも代
えがたい宝物です。こっそりとビショビショのエロ本を拾ってきて、ドライヤーで乾かして
読んだハードコア緊縛。そのときには無駄に思えた、必要なかった緊縛という情報が、歳を
とってから必要になる場面が出てくるかもしれない。
疲れて帰って来たら家にいた泥棒と出くわし、何とか取り押さえ、暴れる泥棒を縛り付けて
おかなくてはならなくなったときに幼少の時の緊縛の知識が役に立つわけです。
110番を受けて駆けつけた警察官が見たものは、亀甲縛りで吊り上げられた泥棒。
読んでて良かったハードコア緊縛!
そういうことがありえるかもしれないのです。

今は便利な時代になりました。何度も繰り返しますが、必要な情報はすぐに手に入れること
ができる。だけど逆に、そのときに必要ない情報は手に入れにくくなってしまった。興味が
ないわけですから、検索などしないわけです。
実は、それは怖いことであり、もったいないことなのではないでしょうか。

そんなことを降りしきる雨を見て考えました。
雨のように思いつくままキーをタイピングしながら。
2006.12.25
というわけで世間はクリスマスということで、色々と騒いでいるようであります。
非モテ系テキストサイトも1年間の内1番と言っていいほどの盛り上がりを見せます。
「クリスマス中止の案内」「独りで過ごすクリスマス」「カップルは詩ね!」などなど、呪
詛の言葉にまみれているんですよね。
まあね、いうてもカップル自体はそこまで盛り上がってもいないと思うんですよ。クリスマ
スクリスマス言ってるのは僕ら非モテ系だけなんじゃないかって思うんですよ。これ怖いこ
とですけどね。
だってね、普通に考えて、クリスマスを恋人と二人で過ごせるレベルにモてる奴が今年んな
って初めて恋人と二人で過ごしました! なんてことがあるわけないと思うんです。
モテる奴は最初からモテてるんですよ。それこそ14才で母になる奴とか出てくるわけです
からね。末恐ろしいですからね。絶対金髪ロングでジャージ着るようになりますから。

だからね、モテるやつはもう中学生とか高校生くらいから恋人と二人で過ごしてるんですよ。
母になる勢いで二人だけの夜を過ごしているんです。
でね、中学生とか高校生くらいのやつらが「クリスマスだね。ちゅぱっちゅるっぽ」とかや
ってたとしてもね、まだ未成年のすることですよ、僕ら一般人にわかるほどフィーバーはし
ないじゃないですか。というか金銭面とかで出来ないじゃないですか。
大人のカップルはもう上記したとおり何回もクリスマスを過ごしてますからね、もう手馴れ
たもんですよ。扱いに慣れててね、なんか熟練の高級店キャバ嬢みたいな感じですよ。
「クリスマスぅ? まぁた今年も来ちゃったの? んもう、しょうがないんだから」みたい
なテンションですよ。なんつうの、静かにねっとりと絡みつくような夜を過ごすと思うんで
す。
一番危ないのは大学生とかそこらへんですよね。色々出来ることも広がっちゃって、ここら
で初めて彼女できましたー、みたいなところで一番鬱陶しい時期ですね。

そういった消去法で考えていくと、どうしてもクリスマスで騒いでるのはクソ大学生か非モ
テか、またはクリスマスセールに目の色変えた人たちかってことになってしまうんです。あ
とはなんだ、サンタに踊らされる子供か。うん、子供は仕方ないね。僕も昔クリスマスプレ
ゼントにマリオカートとか買ってもらったときはもう大騒ぎしざるを得なかったからね。
だからね、大半のカップルはきっとしっぽりとセックスだかファックだかをしているんですよ。

そう考えるとね、馬鹿らしくなってきませんか。
僕ら非モテサイト管理人が、自分とこのサイトで「カップルは詩ね!」とか「腹上死! 腹
上死!」とか言ってますけど、大本のカップルは大して騒ぎもせずに、なんかシャンパンと
かを開けてケーキつつきながら赤坂プリンスでちゅっぽちゅるっぽとかしてると思うと、ホ
ントにね、僕死んだほうがいいんじゃないかって思えてきてしまう。
結局一番踊らされているのは僕ら非モテなんじゃないかって思えてしまうんです。

だからもう敢えて言いたい。
もうクリスマスをネタにするのはやめようと。もう先人達が何度となく歩んできた道です。
何度となく使い古されたネタですよ。そんな手垢ベタベタのネタを非モテだから、独りだか
らってだけで使用するのは今年限りにしましょうよ。
こんなん僕らが自分を貶めてネタにするじゃないですか。んでそれをカップル達が、クソカ
ップル達が読んでニヤニヤしてるんですよ。
「見ろよ良子、こいつクリスマスだってのに予定もないから独りでスーパーのチキン食って
るんだぜ」
「うわ、ホントだ。マジ童貞」
とか言ってるんですよ。あいつら悪魔ですよ。リュークみたいなもんですよ。
そんな奴らにネタを提供することはないですよ。

ホントもう、クリスマスネタはやめましょう。僕ら非モテテキストサイト間だけでもホント
にクリスマスを中止してやりましょう。

と、言ってる僕自身がクリスマスをネタにしてしまうというこのジレンマ。
メリークリスマス!カップル、お前らに完敗!!

嗚呼、非モテテキストサイト。
2006.12.24
クリスマスといえど、サイトの外観を変えたりしません。しないったら!

というわけで、さあいよいよお前らが待ちに待ったクリスマスイブがやってまいりました。
もう大多数のカップルが待ち望んでいたことでしょう。1年間暇だったからセックスやらア
ナルセックスやらハードコア緊縛プレイやら色々やって暇を潰してきたことでしょう。そし
て今夜その1年間培った経験を赤坂プリンスのスウィートとかで実演することでしょう。
ケーキとかツリーとか七面鳥とかを使用したプレイをすることでしょう。
ああ、ああ、すればええがな。思う存分すればええがな。

冬という季節は寒いですからね。必然的に暖かさが欲しくなります。人肌が恋しくなります。
そうなると当然野に放たれた淫獣であるカップル共は昼夜問わず場所を問わずセックスしだ
しますからね。なんやねんラブホテルて。セックスするためにホテル行くとかどんだけセッ
クスしたいんだって話ですから。少しは僕を見習えといいたい。23年間セックス無しの僕
を見習えといいたい。修行僧か。

まあね、しょうがないですよ。寒ければ暖かくなりたいですし、人肌が欲しくなるのはしょ
うがない。恋人の人肌のぬくもりと七面鳥の鳥肌のぬくもりがほしくなるのはしょうがない。
ただね、いくら寒いっつっても見ず知らずの人肌のぬくもりなんてどうかと思うじゃないで
すか。風俗店とかね、お金を払えば抱き合ったりチンコをこねくりまわしてもらったりして
もらえますけど、それは所詮君がお金を払った対価としてのぬくもりでしかないからね。
数万円のぬくもりでしかない。でも恋人のぬくもり、プライスレス。

そう、自分の愛する人のぬくもりはなにものにも変えがたいのです。愛の暖かさは冬の冷気
をも溶かすのです。うん、氏ね。
ただね、言うても僕も人間です。童貞だけど人間です。人肌が恋しいのです。
この季節オチオチ繁華街も歩けない。客引きがすごすぎて、もうこいつら僕が童貞だって見
抜いてるんじゃねえかって勢いで声掛けてきますからね。普段だったら意に介さず思いっき
りスルーを貫くんですけど、いかんせん季節が冬。風俗に手を染めてしまおうかという誘惑
に駆られるんです。もう数万円支払って素人童貞にランクアップしちゃってもいいんじゃな
いかという悪魔の囁きに惑わされるんです。
ダメダメ! 私は未来のお嫁さんの為に清い身体でいるんだから! もしかしたらそれって
来世の話なのかもしれないけど、それまで綺麗でいなきゃいけないんだから! とか脳細胞
が少女漫画で出来てんじゃねえかって勢いなんですけど、その考えだけを拠り所にして耐え
抜いてきているんです。
いつかプライスレスな温もりをこの手に出来ることを信じて頑張っているんです。

そんな童貞な僕なんですけど、やっぱり季節柄どこもかしこも忘年会じゃないですか。
僕も何回目なんだかわからない忘年会に先日出席してきまして、まあ酒を飲んで電車に乗っ
たわけなんですよ。
で、シーズンもシーズンですし、終電間近だったってのもあって、酔っ払った人ですし詰め
になって電車で帰って来たんですよ。その中で僕は座席の前んとこに立って、押し合いへし
合いしながらつり革に掴まっていたんですけどね、ふと横を見るとね、30台後半位ですか
ね、女性が俯いて電車の揺れるままにふらふらと身体を揺らしていたんです。もうピンとき
ましたね。こいつ吐きそうなんだなっていうのがわかりましたね。直感で。
そのポジションで胃液と混ざった今夜の思い出を口腔から吐き出されでもしたら、もう僕の
下半身直撃しますから。その30台後半女性の口によって僕の下半身がびしょびしょになり
ますから、流石にそれはご勘弁願いたいじゃないですか。
だから何か異変があったら即座に逃げれるように、その女性を注意深く見守っていたんです。
したらね、電車が急ブレーキだかなんだかでガクンと大きく揺れたんですよ。当然すし詰め
状態なので、なだれのように人が押し寄せてきます。
その中で、僕は一応つり革に掴まっていたんでなんとか踏ん張れたんですけど、その女性は
もともとつり革に掴まっていなかったので、大きく体勢を崩したんです。で、とっさに吊り
革に手を伸ばしたんです。僕の掴まっている吊り革に。
まあね、別に非常事態でしたから、僕と同じ吊り革に掴まるのはいいですよ。ただね、一応
僕ら他人じゃないですか。そこ考えたら、僕があの吊り革の掴まる部分、三角の部分を握っ
ていたら、普通同じ吊り革掴まるにしてもその上のゴムだか革だかの部分に掴まるじゃない
ですか。あのプラスチックで保護されてる部分に掴まるじゃないですか。
まあその女性もその革の部分に掴まったんです。で、人のなだれも収まって一安心ってとこ
ろで、女性の手がスススッと降りてきて、なんていうの、思いっきり僕の手の上に手を重ね
るのな。思いっきり僕が掴まってる吊り革に掴まるのな。
いやいやいや、緊急回避で掴まるならまだしも、なんで一息ついたところでそこにくるねん
と。そのままその女性はしばらく僕の手の上に掴まっていたんで、いたたまれなくなって僕
が吊り革から手離しましたからね。

まあね、酔っ払ってたんでしょうがないっちゃしょうがないんですけどね。すげぇなって思
いました。そこまでしてぬくもりが欲しいかと。吊り革を一緒に握ってまで手のぬくもりが
ほしいかと言いたかった。多分単純にダルかっただけだろうけどな。
いや、でも東京は怖いところだなと思いましたよ。あのまま一緒に吊り革握ってたら、下手
したら今のこの僕の貞操はなくなっていたかもしれませんからね。初めてが熟女。AVか。

たしかに僕もぬくもりは欲しい。ぬくもりは欲しいけど、そういうAV出演みたいなぬくも
りはいいや。遠慮しときます。
いや、確かにこれもプライスレスだけども。
2006.12.21
僕は基本的に食べ物は全部美味しいと感じる人間なんです。基本的に全部美味しい。食べ物
食って不味いって思ったことがあんまりないんです。だからある種食わせ甲斐がない人間な
のかもしれません。だって何食べたって美味しいって言いますからね。
ただね、よく行列の出来るラーメン屋とかあるじゃないですか。あれにいちいち並ぶ人がち
ょっとわからないんですよね。
僕からしたらラーメンって食べ物の時点で美味しいんです。そりゃ確かに人気店のラーメン
は美味しいですよ。美味しいですけど、並んでまで食ってこれか? って思ってしまう。
美味しいですけど、他のラーメンと同じ様に美味しいわけなんですよ。だから別にいちいち
そこに食いに行かなくても別の店でいいじゃんって思ってしまうんです。
単に舌が肥えてないだけなのかもしれませんけど。
B級で満足してしまうんですよね。金出して、苦労してまでA級を食わなくてもいいって思
ってしまう。まあ僕自身がB級人間ですからね。誰がB級やねん!

基本的に食べれないものって無いですからね。苦手な食べ物がない。あ、1つだけダメなの
あるわ。ライチ。
ライチだけはどうしてもダメ。匂いを嗅いだ時点で吐きそうになる。顔が濡れたアンパンマ
ンみたいになる。
これには理由がありまして、昔は大丈夫だったんですけど、ある日飲み会でライチ酒を焼酎
で割った飲み物をジョッキ一杯イッキしまして、マトモに歩けないくらいのレベルになった
事があったんですよ。もうまっすぐ歩けないの。普通に歩いてるのに自然と身体がよれてい
って、道路わきのフェンスにガン! てなって、そのままフェンス沿いにズリズリと身体を
こすりつけながら歩いてたからね。
家に着いて吐いたんですけど、それがまたライチ酒の匂いしかしねぇのな。
それ以来ライチだけはどうしてもダメ、という傷を背負ってしまったんです。心に傷を抱え
て生きているんです。ライチのスメルが怖い。
まあそんな苦い思い出は皆さんのジャケットの内ポケットにそっと仕舞っていただきたい。

そんな僕がこよなく愛する食べ物があるんです。多分これ世界一うめえよって食べ物がある
んです。
それがね、ハイチュウ。チューイングキャンディー・ハイチュウ。
これね、マジ美味いから。なんなら美味しんぼとかに出てきてもおかしくないレベルで美味
いから。クッキングパパとかで登場してもおかしくないから。とりあえずOH! MYコン
ブって漫画には数多く登場してますけど。なんかわたぱちと合体させて食べるとかキチガイ
みたいな方法で調理されてましたけど。

いや、でもね、これホント美味しいから。だってまず同じキヨスクでも店舗によって価格が
違ったりしますからね。僕がいつもハイチュウするキヨスクでは99円で売られているんで
すけど、普通のキヨスクでは105円で売られてたりしますからね。すげぇ神秘的。世界不思
議発見で特集してもいいレベル。
味としてはやっぱり僕のオススメはグレープか青リンゴです。グレープのこの前衛的な味と
いい、青リンゴの明らかに香料を使っている風味といい最高。
今日はちょっとアンニュイな気分なの、って時には桃がオススメ。
グレープと青リンゴってのは、こう、「俺はグレープだぜ!」「青リンゴだぜ!」っていう
なんていうんですかね、ある種攻撃性があるんですね。もうガンガンいってやるぜ、お前の
口の中を俺一色に染めてやるぜっていう気概がある。
でも桃はなんか優しい味わいなんですよ。「あの、桃ですけど……」っていう感じ。なんて
いうの、家に上がるとき、玄関でキチッと靴をそろえて上がる感じ。年賀状とか欠かさない
感じがするんです。なんつうの? 萌え系?

もうね、最高ですわ。ハイチュウ世界一うめぇ。くっちゃらハピハピとか頭が文明開化しち
ゃってるようなCMも頷ける。そのくらい美味い。
それでいて奥さん、99円から購入できるんですよ。もうこれは買うっきゃないね!
もうね、ラーメン屋とか並んでる場合じゃない。そんな暇があったらハイチュウ買いに行き
たい。
何食べても美味いと感じる僕ですが、ハイチュウだけは別格。何者にも変え難い。


なんか今読み返したら、人間としてっていうかまず脳がB級みたいな事言ってますね。
いいんだ。僕にはハイチュウがいるから。桃に慰めてもらうんだ……。
2006.12.19
皆さんは「運命」というものを信じますか?

僕はまあなんていうか、月並みですけど「半信半疑」なんです。
運命っつーのがどういうものかわからないってのもあるんで、とりあえず否定も肯定もしな
いというスタンスなんです。
だから、女の子なんかが「あたしの彼は運命の人だから」とか言ってるのを聞くと、そんな
に簡単に運命という存在を肯定していいのか? それは逆に言うと全てを運命で片付けるっ
つー覚悟があるってことなんだな? とか思ってしまう。
NANAだかシャナだかが「あたしは運命とか信じるタチだから」とかなんとか言ってるの
を聞くとね、ホントにいいの? って思っちゃう。

自分にとって良い出来事を「運命」と言ってロマンティックに装飾するのはいいんですけど、
じゃあお前生後何日で死んじゃう子供も運命か? 食用に養殖されている生き物もそれが運
命か? 数百円のワクチンも打てずに死んでしまう子供もそれも運命か? と問い詰めたく
なってしまうんです。運命ってのは残酷さも秘めているんだぜといいたくなる。なんか同じ
様な事前にも書いた気がするけど。

だから僕は判断を保留したいんです。
自分で白黒つけるのが怖いだけなのかもしれませんけど。

ただね、自分ではどうしようも無いことって確かにあると思うんですよ。
普通に歩道歩いていただけなのに、向こうから車が突っ込んでくることもあるし、たまたま
飛行機に乗ったら墜落することだってある。キチガイが包丁持って斬りかかってくることも
あるかもしれない。こういうのはもう自分ではどうしようもない。

だからね、別れ際や家を出るときなんかに「気をつけてね」って言われてもね。どうしよう
も無い部分あるじゃんって言いたい。何に気をつけるの? って問いたい。
上記した例で言えば、車が向こうから突っ込んできたとか、キチガイが刃物もって斬りかか
ってきたってのは言ってしまえば自分がトニー・ジャーばりの技術をもっていれば、気をつ
ければ回避できることかもしれない。だけど飛行機とか乗り物に乗るときに「気をつけてね」
とか言われても、何に気をつければいいのか皆目検討もつきませんからね。強いて言うなら
チカンで誤認逮捕されないように気をつけるくらいしかない。
それ以前にトニー・ジャーばりの技術を身につけること自体難しいわ。

だから結局「気をつけてね」ってのは自分で回避できる範囲内での危険にしか適用できない
わけですよ。そして僕らにとって、自分で回避できる危険というのはものすごく少ないんで
す。
そんな僕らに「気をつけて」言われてもねえ。逆に何に気をつければいいのかをご教授願い
たい勢いですよ。「気をつけて」って言っときゃいいってもんじゃねぇっつうの。

わかってる。「気をつけて」ってのは上っ面だけだとしても、自分の身を案じてくれて言っ
てるんだってわかってるんだ。重々解かっているんです。
お前らがあんまり優しいから、ちょっと不安になっただけなんです。

気をつける。
チカンとか性犯罪とかで逮捕されないように気をつける。
2006.12.18
年の瀬ということもあり、職場で来年のカレンダーやらシステム手帳やらが配られました。
僕も貧乏性丸出しで、もう我先にとなんか空からの風景だとかなんたらとかいう綺麗な写真
の載ったカレンダーやビジネスマン必須! みたいなシステム手帳やらを頂いてきました。
でも正直貰ったはいいけど、すげぇ使い道ないんですよね。

「空からの風景」とかね、正直どうでもいいんですよ。空から見て綺麗だろうが、グレイが
牛をキャトルミューティレーションしてる絵が写っていようがどうでもいいんです。
綺麗なものの前にいると、自分の醜さが際立ってしまうからね。そんなものは見なくてもい
いんです。僕はただ機能的なカレンダーが欲しかっただけなんです。

でもね、またそこが困りどころでね、機能的なカレンダーがあってもね、予定がビタイチ無
いってのを再確認してしまってね、なんていうかね、目からね、肌水がでてくるのね。
いや、カレンダーはまだいい。「この金曜日祝日だ! 3連休だヒャッホウ!」という生き
る気力を与えてくれる。もうどうしようもないのがシステム手帳。2007。

ホントもうな、システム手帳に何書き込めばいいんだっつー話なわけ。
手帳に書き込むような予定はビタイチないわけ。
なんか世の中の姉ちゃん達はやたら厚い手帳なんかを持っていて、電車の中でガスンと開い
て色々書き込んでるじゃないですか。もうね、心底理解できないのね。
「○月×日 マリと新宿でデート(はぁと)」みたいなね、意味がわからん。はぁとマーク
つけるほど重要なイベントを、お前はわざわざ手帳に書き込まないと忘れるんか? 「この
日空いてる?」「あ、ちょっとまってね、その日は……あ、ごめーん。マリと遊ぶんだ」と
かわざわざ手帳開いて調べるんか? お前は友達百人いるんか? あ、いるんか……。そっ
か……。

いや僕かてアホではないですからね、わかりますよ。その心理を理解できます。
あれだろ、スケジュールが埋まっていくのが一種のステイタスになってんだろ? 友達がど
んだけいるか、どんだけ自分が人気者なのかってのを確認したいんだろ。その為にあんな
分厚い手帳とか持って、これみよがしに予定を書き込んでいったりするんだろ。

わかるけど、理解できるけど、僕には出来ない芸当だなぁと思う。うらやましい。うん、う
らやましいわ。
そこまではいいんです。ああ、友達いっぱいいていいねって話なんですけどね、そういう奴
が予定の無い人を蔑むのがね、むっちゃ腹立つ。ええ、言いました。確かに予定いっぱい友
達いっぱいでいいね、うらやましいねとは言いました。心底うらやましい。だけどな、それ
を理由にお前らにバカにされる言われは無いからな。

お前らが多人数の遊びを極めた人間だとすれば、僕は個人技を極めた人間だからな。
もうどこだって独りでいけるわ。カラオケだって独りでいけるし、ディズニーランドだって
独りでいける。独りでハニーハントとか乗ったわ。

要は系統の違いだってことを理解せずに、アホ面下げて何言ってんだって話なんですよ。
お前らがメラなら僕はヒャドだからな。ある種ヒャダルコだからな。
お前らがスライムなら僕ははぐれメタルだからな。
お前らがヤリチンなら僕は童貞だからな。

なんだおめーらこの野郎。な、泣いてねーよ。
なんだよ、な、なな慰めるんじゃねーよ。
2006.12.17
そんなな、お前ら僕のこと童貞童貞言うけどな、実際僕は童貞なんですよ。
ああ童貞だよ。今まで生きてきて、1度たりとも子孫を残すというチャンスに恵まれてない
よ。全然あれだからね、コンドームとか必要ないからね。妊娠の心配ゼロだからね。
お前ら知ってるか? 童貞生殖って知ってるか?
植物の雄性配偶子が単独に細胞分裂して胚を形成する現象で、ツツジなんかで起こる現象ら
しいぜ。
え? どうだい。童貞だって子孫を残せるんだぜ? お前らが必死んなって汗ダラッダラ垂
らして涎とかドロドロ出してあとなんか僕の見たこと無い液体とかピュッピュ出しながら
子孫を残そうとヒィヒィしている裏側で、童貞は独り静かに、厳かに細胞分裂して単為生殖
してるんだぜ? ええ、こら。なんだこの野郎。笑ってんじゃねえよ。
なに? お前ツツジじゃねえだろって? なんだこら。おめぇだってツツジじゃねえだろう
がよ。お? え? あ? ん?(泣きそうな目でメンチをきりながら)


こんなな、夜中にな、こういうスパイシーな文章を書くほどに童貞なんですよ。
スパイシーの発音は、正しくはスペイシーな。いや、別にどうでもいいけど。

なんでいきなりこんな自殺間近みたいな切羽詰った日記を書いているかというとね、ほら、
僕って自分で童貞童貞言ってるじゃないですか。オチの一文を童貞で締めたりしてね、色々
と有効活用してしまっているんですよ。
そうするとね、やっぱり皆さん童貞ってのを僕の持ちネタとして扱いだすじゃないですか。
対人関係に於いて、どこまで相手に踏み込んでいいのかっていうのを量ったときに、僕の
童貞ネタってのは全然踏み込んでいいもんだってことでガンガン使ってくれてるんだと思う
んですよ。nattoさんとか僕とのコメント童貞関連しか付けて無い気がするからね。
あ、文中リンクしたんで、今度酒を奢ってください。

いやそれはいいんですけどね、nattoさんに呑み会奢ってもらうのはいいんですけどね、最
近一抹の不安が頭をよぎるんですよ。
僕はこの童貞ネタをいつまで使い続けるんだろう、と。
いや、みなまで言うな。わかってるよ、僕だってわかってる。
そんなものは映画「13日の金曜日」を見た後に、怖くて独りで夜トイレに行けないなんて
いう幼子の杞憂に過ぎないということはわかっているんだ。

数多くの童貞が語っている通り、彼女ができたらセックスをしたい! 血を吐くほどにセッ
クスがしたい! とは思わないんだ。そりゃやれるものならやるだろう。オナニーのしすぎ
で遅漏に成り果てた僕の陰茎で精一杯のセックスをしよう。でも、僕が望むものはただ一緒
にTVを見たり映画を見たり、一緒に飯を食ったりしたいだけなんだ。ソファでイチャイチ
ャしたいだけなんだ。心を満たしたいと切に願うだけなんだ。

セックスに対する恐怖心も確かにある。
多くのクソカップルが「あんなの大したこと無いよ」と語るように、それは確かに大したこ
とがない行為だったら僕は悲しくなってしまうし、逆にもう腰が抜けて涎ダラダラ出して
目ぇ剥いてガクガク痙攣して頭髪がハラハラと抜け落ちて歯もポンポン抜けるほどに気持ち
いいものだったとしたら、僕は今現在この心に持っている世界観を保っていられるだろうか
という不安もある。

それ以前に本当にマンコって存在するの? って話だからね。ホントは女の子の股間てつる
んとしてるんじゃないの? AVのモザイクって実は童貞をハメる為のものなんじゃない
の? 裏ビデオが出回らない理由ってそこにあるんじゃないの? 裏ビデオって実は特殊メ
イクとかで作ってるんじゃないの?
よしんばマンコが実在するとして、実は歯が生えてたりしないの? クソカップルはアホみ
たいな顔して「それはないない」とか言ってるけど、それはたまたまお前が経験してきた
相手には生えてなかっただけじゃないの? チンコ入れたらものっすごい噛み付かれるんじ
ゃないの? 「いたいいたいたいたいたい」ってならないの? 下手したらマンコの中から
小っちゃい口が出てきたりしない? 「シャー!!」とか言って出てきたりしない? エイ
リアンみたいの出てくるんじゃないの?

ホントね、怖いのよ。セックスが怖い。
初めて女の子とベッドインして、いざチンコを入れようとしたらマンコからエイリアンみた
いな小っちゃい口が「シャー!!」とか言ってたら引くからね。その引いてる僕を見て、
女の子が「どうしたの? 私のなんかおかしい?」とか聞かれるかもしれないからね。
いや、おかしいつっーか、逆にこれが普通なの? って話だから。僕わかんないから。

そんなこんなを含めてね、童貞喪失が少し怖いんです。
色々と怖いことがたくさんあるんです。

でもね、何が一番怖いかってね、この童貞喪失という不安が杞憂に過ぎないという現実がね、
一番恐ろしいんですよ。
2006.12.16
ホントもうね、言いがかりも甚だしい。いい加減にしていただきたい。
先日僕が道を歩いていたところ、むこうから兄ちゃんが歩いてきたんですよ。
その兄ちゃんはジャンガリアンハムスター500匹くらい飼ってるんじゃねえかって勢いのふ
っといズボンを履いていて、上半身はプレーリードッグ30匹くらい飼ってるんじゃねえかっ
て勢いのでっかい上着を着ていたんです。よくわからんと思うけど。
要は何? 最近の言葉でいうび……びぃ系? びぃぼぉい? まいなぁぼぉい?
まあつまりそういう感じの兄ちゃんだったんです。

そんな恐ろしい兄ちゃんがこちらに向かって歩いてくるものだから、僕は目を合わせないよう
にして顔を背けながら道のすみっこを歩いたんですけど、もうね、明らかにその兄ちゃんが
僕のほうに向かってくるのね。
そう、もうお解かりいただけると思うんですけど、思いっきりこっちにぶつかってきたんで
す。僕の肩にドーン! ですよ。
兄ちゃんが「グラアァ! イテェじゃねえかぁあ!!」と、亀田(父)みたいな様相を呈し
て絡んできたので、僕も「なんじゃゴルァァア!!」と松田優作ばりに叫ぶなんてこともあ
るはずがなく、「ぁ……ぁの、ごめんなさい」と、それこそジャンガリアンハムスターの鳴
くような声で謝ったんです。
もう目的は決まっていたんでしょうね。僕をカツアゲするためにぶつかってきたんでしょう
ね。「いてーじゃねえか」「慰謝料を払え」だとかそこら辺はまだ良かったんですけど、
むこうも段々ギアが上がってきちゃって「てめーのせいで服が汚れた」とか「マジ童貞」と
かほざきだしたので僕も我慢ならず、「そっちがぶつかってきたんじゃないですか」と反抗
してみたんです。
そうしたら兄ちゃんの逆鱗に触れちゃったみたいで、「てめー、俺が悪いって言うのか。ふ
ざけんなよ!」と僕の顔を殴ったんです。そこでもう僕もブチキレちゃって、二発目を繰り
出してきた兄ちゃんの腕を掴んで間接を極めて鼻っ柱にヒザをぶち込んでやりましたよ。
「相手が悪かったな。お前らは童貞に勝てない。持つものと持たざるものとの差だ」と言っ
てやりましたよ。

うん、全力で嘘。

ただね、言いがかりって酷いってと思うんですよ、ホントに。
先日池袋で友達と酒を飲んでいて、その勢いでカラオケにいったんです。
そのときには既に終電もなくなっていたものですから、実質6時間くらいはカラオケで時間
を潰さなくてはならない。男二人で6時間もカラオケかよ、と思う方もいらっしゃるかもし
れませんが、あいにく僕は独りで12時間カラオケを歌い通した経験がありますので、二人で
カラオケ6時間なんて楽勝なんです。独り持ち時間3時間だろ? 楽勝もいいとこ。

酒も手伝って、二人してもうてんやわんやの勢いで歌っていたんです。
友達が「残酷な天使のテーゼ」とか歌いだして、二人で「動け! 動け! 動いてよおぉぉ
!!」とか叫んだり、僕がハピマテを血を吐く勢いで熱唱したりと目も当てられないほどカ
オス様相を呈して歌っていたんです。アニオタ確定の勢いだった。

そんな酷い有様だったんですけど、そこで友達がバンプオブチキンの「K」って曲を歌い出
したんですよ。僕は流行に疎いので「バンプオブチキン? ああ、粉雪の人?」とかファン
の人が聞いたら耳をそぎ落とされてもおかしくないようなことを言っていたんですけど。
でもその「K」って歌がいい曲だったんですよ。
いや、良い曲というか、お話みたいな詩だったんですけどね、良いお話だったんです。

真っ黒なその姿から人々に忌み嫌われて、ずっと独りで生きてきた黒猫。
その黒猫が、ある日一人の画家に拾われ「ホーリーナイト」と名付けられる。
初めて知った優しさやぬくもり。
しかし画家は貧しい生活の為に死んでしまう。
「故郷で帰りを待つ恋人にこれを届けてくれ」と、一通の手紙を残して。
画家の為にホーリーナイトは走る。
その姿から人々に忌み嫌われ、石を投げつけられ罵声を浴びせられながらも、画家の手紙を
届けるために走る。
そしてついに恋人のもとに手紙は届けられた。ホーリーナイトの命と引き換えに。
恋人はホーリーナイトの名前にアルファベットを1つ加えて埋めてやった。

というお話なんですけどね。
もうフランダースの犬のOPでぼろ泣きするほど動物モノに弱い僕にとってはすごいダメー
ジなんですよ。なんだその良い話。
でもね、一つ思ったんです。
確かに良い話なんですけど、ひとつだけ引っかかるところがある。
歌詞の中に
「走った 転んだ 既に満身創痍だ
 立ち上がる間もなく 襲い来る罵声と暴力」
というフレーズがあるんです。
これはホーリーナイトが手紙を咥えて走り出し、街の人々から石を投げつけられ傷つきなが
らも画家の為にあきらめないという描写なんです。
いいところなんですけど、一つ気に掛かることがある。
石を投げつけられた、というのは確かに可哀想。襲い来る罵声と暴力なんて泣きたくなる。
ただ黒猫に生まれてきてしまったが為にこんな境遇になってしまうなんて。

ただね、ただね、「走った 転んだ」ってのは違うじゃん。
それは君が走ってて転んだだけじゃん。
疲労困憊していたってのももちろんあると思う。だけど転んだのは君のさじ加減じゃん。
そこはねー、違うと思うんだよねー。
そこまで人間のせいにされてもねー、それは言いがかりってもんだよ。
そこだけは言いがかりだよ。

そこまでは感動してたのに、そのフレーズを聞いたせいで感動できるもんも感動できなくな
っちゃいました。ぶち壊しだよ。

感動すらぶち壊す、言いがかりってのは酷い。ホント酷い。
2006.12.14
深夜0時過ぎに自分の降りるべき駅の一個前の駅で降りてトイレに駆け込んで走馬灯を便器
に吐き出した。

酔った。
酒に酔った。
ビール→紹興酒→ビール→紹興酒→ビール

とかいうキチガイメリーゴーランドみたいな飲み方してたらすげぇ気持ちよくなっちゃって、
でも気づいたら降りるべき一個手前の駅のトイレで便器に走馬灯を吐き出してた。

そう、今僕は酔っている。
だから今日の日記がいつにもまして気が違っている、いわゆるキチガイなのは御容赦願いた
い。だって酔ってるもん。


明日の僕に語りかける。
やあ、僕。今日はどんな一日だった?
きっと昨日と同じで、このクソッタレな人生の中のそれでも貴重な一日を過ごしてきたとい
うのに、あまりに語るべきことが少ないと嘆いていることだろう。
そう、僕は考えて発言し、考えて行動しなければならない。
僕が今日一日生きてきて、今日という日を生きてきて、たった一つだけ学んだことを君にこ
っそり教えてあげよう。もしかしたら君は忘れてしまっているかもしれないからね。
そう、僕は考えて発言し、考えて行動しなければならない。
何故だかわかるかい?
自分の行動や発言は全て自分に向けてのことだからさ。
世の中は循環している。
君が外に向けて取った行動発言は全て自分自身へ向けてのことなんだ。
君の生き方はいつか全て君に還って来る。
僕が今日一日このクソみたいな人生を生きてきて、たった一つ学んだことだ。
明日の君へのプレゼントだ。
死に、腐乱し、爛れた過去の上に未来は積み重なるように倒れていく。
しかし君はその腐乱した死肉を貪らずには生きて生けないということを自覚すべきだ。
愛をもって、そのことを、君に、伝えよう。


あれ、こえ が、お く れ て  き  こ え る よ  ?
(眠気で)
2006.12.13
今じゃこんな引きこもっちゃっていますけど、小さい頃の僕はよく外へ遊びに行く、わりと
活発な男の子でした。
小さい頃に住んでいた僕の家の周りには空き地や田んぼがたくさんあって、空き地には
バッタやカマキリ、田んぼにはオタマジャクシやトンボなんかがたくさんいて、朝から夕方
まで遊びまわったものです。そのころはもうどんだけデカイカマキリを捕まえられるかが
人気者の基準でしたし、友達みんなで鬼のようにオタマジャクシを捕りまくったのはいい思
い出です。
特に白熱したのは田んぼで遊んだときでした。
そりゃ農家の方からすれば丹精込めて作った田んぼに入るんじゃねえこのクソガキ共が!
って話なんですけど、まあ僕らもドロの中に入りたくはないですし、最悪稲を踏んだり倒し
たりしちゃいけないってのはわかっていたので、意外と怒られたことはありませんでした。
田んぼは四季折々に変化して、その季節ごとの遊びが楽しめるんですよ。
春になって田植えが終わり、田んぼに水が張ればどこからともなくオタマジャクシがそれこ
そ精子の如く泳ぎ回っています。僕はそれらをまるでティッシュの如く捕獲しまくる。
夏になれば僕らの目をかいくぐって成長したカエルを捕りまくる。たまに僕らの頭くらいの
サイズがあるウシガエルとかがいて、さすがに引きましたけど。ごくまれにヤゴを発見して
狂喜したりしたものです。
秋になればそのヤゴが大人になってトンボが大量発生。またも捕獲しまくる。
あれですよ、多分自然界で僕らはブラックリストに載ってたと思うね。あの鼻水垂らした
ガキが来たら気をつけろ! みたいな話になってたと思う。
冬も近づき収穫が終われば大量の藁が積まれていて、そこで転がりまわったりしてました。
気が違ってるんじゃねえかって勢いで、高く積まれた藁に上っては転がってた。「イィイィ
イィイイヤッホォオォォォォォウ!!」とか言ってた。

でね、その中のトンボの話なんですけどね、やっぱり子供の頃ってどれだけデカイのを捕ま
えられるか、どれだけ珍しいのを捕まえられるかってのが人気者の基準なんですよ。
とにかくレアな奴を追い求めていた。
そんな乾いた心を持った僕らにとって、オニヤンマやギンヤンマはものすごく魅力的だった
んです。
オニヤンマやギンヤンマって他の普通のトンボと違って用心深くて、ちょっと近づいただけ
ですぐ逃げちゃうんですよね。それに動きがすごい素早い。普通のトンボと見比べて、コイ
ツらホントに同じ種族なのかと思ってしまうほど違うんです。

そこで僕は思ったんです。
例え生まれ変わってトンボ目になったとしても、普通のトンボにはなりたくねえなと。
どうせならオニヤンマやギンヤンマなどの「ヤンマ」になりたいなと。ヤンマーで言うと
ヤン坊になりたいなと思ったわけです。シャツに思いっきり「M」とか書いてあって性癖の
発露がめざましいですけど。

だってね、ホントに動きが全然違いますからね。普通のトンボとオニヤンマを見比べたこと
がある方は解かっていただけると思いますけど、マジで全然動きが違う。
ライデンとアファームドくらい違う。うん、今コアな話した。

だってね、同じ種族なのにあそこまで動きが違うとちょっと哀しくなってきますよ。
僕ら日本人とアメリカ人比べたってあそこまで酷くない。K−1見てたってそうじゃないで
すか。日本人が欧米人に勝つことだってあるし、逆だってありえる。全然闘える。
でも素トンボとオニヤンマって全然違いますからね。勝負にすらならないと思う。
テムジンとバル・バス・バウくらい違う。うん、今またコアな話した。

ホントもうね、初期性能が段違いだから。逆立ちしたってオニヤンマには勝てないからね。
どうせなら初期性能の良いオニヤンマに生まれたい。


だけど僕は今人間として生きていて、人間界でいう素トンボ的な存在だけど、オニヤンマに
は敵わないけどそれでもトンボは生きている。初期性能は悪いけど、それでも生きている。
来世はオニヤンマがいいけど、今はトンボなんだからしょうがない。トンボなりに精一杯、
オニヤンマに食い入ってやろうと頑張っている。希望が一番タチの悪い絶望だって知りなが
ら、トンボはそれでも頑張っている。
初期性能が良いからって、物理的にもでけぇツラしてるオニヤンマ、今に見てろ。

望郷に思いを馳せながら、童貞は思うのでありました。
2006.12.12
乳について考えていたんです。真剣に。

これね、僕言い切りますけどね、世界中の男性は100%女性の乳房が大好きですからね。
三度の飯よりとは言わない、食後の一服よりとは言わない、エロゲーよりとは言わない。
でもね、生きとし生ける男性の100%は若い女性の乳房が大好き。

「乳でけぇー!」ってのは「乳揉みてぇー!」って事ですし、「乳の形いいわぁー!」って
のは「乳揉みてぇー!」って事ですし、「小ぶりな乳もまたよし」ってのは「乳揉みてぇー
!」って事なんです。要するに乳を見れば「乳揉みてぇー!あわよくば揉みてぇー!」って
考えるんですよ。いやホントマジで。
僕も多分に漏れず乳揉みたいですよ。それはもう一心不乱に木彫りに打ち込む芸術家の如く
揉みたい。隙あらば乳首コリコリしたい。許されるならば吸い付きたい。それレベル。

そこでふと思ったんです。
乳房に吸い付きたいって衝動はなんとなく解かるんです。多分赤ん坊の頃の習性だろうと。
赤ちゃんにとって乳房って言うなれば食堂ですからね。僕らが「カツ丼大盛りね!」とか
食堂のおばちゃんに言うのと同じ感覚で乳房に吸い付きますからね。むしゃぶりつきますか
らね。それはもうある種本能的な部分があるじゃないですか。それは理解できる。
それに付随して乳首を舐め転がすってのも解かる。乳首を隆起させて吸い付きやすくすると
いう意味がある。赤ちゃんからしたら乳首が立つか立たないかで飯にありつけるかどうかが
決まるようなもんですからね。甘噛みするのも解かる。ちょっと刺激的な方法で更に乳首を
勃起させて母乳を飲みやすくするという意味がある。

そう、これらは全て母乳を飲みやすくするという本能的な行動なのですよ。
だから大人になっても僕らにその衝動があったとしてもしょうがない。

ただね、乳を揉みたいという衝動がどう授乳に繋がるのかがわからなかったんですよ。
揉んだから何があるっての? 揉んだら美味しい母乳がでるの? 漬物かいう話だったんで
すよ。
という話を女性と酒を飲みながら話したら、すげぇ簡潔な答えが返ってきました。

「お乳がでやすくなるんじゃん?」

アッー!!

そうなのか! そうなのか! そういや牛乳搾るときもおっぱい揉むもんな!
そうだよ! 赤ちゃんはお乳の出をよくする為に揉むんだよ! そのうえ吸い付くんだよ!
うらやましい!!

いやうらやましいのはおいといてね、すごい納得しました。前も書きましたけど、わからな
かった事がわかるってすげぇ気持ちいいですよね。頭の中の霧がスパーン!と晴れる感じが
してすげぇ気持ちいいですよね。
そうだよなぁ、僕らがおっぱいを死ぬほど揉みしだきたいってのはおっぱいの出を良くした
いという本能的な衝動からきているんだよなぁ。
餅は餅屋、蛇の道は蛇、乳の事は乳から聞くのが一番なんだなあ、と思いました。

今回の日記はとても知的な記事でしたね。皆さんも勉強になったことと思います。
え? なに? 知ってた?

そうか、お前らみんな非童貞だもんな……。アカの他人の乳揉んだり吸い付いたりコリコリ
したりしてるんだもんな……。
2006.12.11
駅前のマツモトキヨシに行ってきたんです。主にティッシュなんかを買いに行ってきたんで
す。そうしたらね、お母さんと娘の親子が買い物をしていたんですよ。娘はまだ小学生いっ
てるかいってないかくらいの子なんですけどね。その子が『温泉の素』ってあるじゃないで
すか。バスクリンとかバブだとかの。それの一回分の子袋があったんですけどね、それを手
にとってお母さんの所に持ってきて聞くんです。
「温泉の素って何で温泉の素って言うの?」なんてことを聞くんですよ。

もうね、感動したね。
僕ね、そういうの大好きなんですよ。身近なものに疑問を感じる心というか姿勢というか、
そういうものが大好きなんですよ。
だってそういうのって大切じゃないですか。小さい頃からカチカチに育てちゃうと後々融通
利かなくなっちゃいますよ。「お前は箸の使い方がなってない!」とか言って手ぇパーン!
はたくようになりますからね。日本にきたばかりの外人であれ。
融通利かなくなって、頭カチカチになっちゃいますからね。亀頭もカチカチになっちゃいま
すか…いやこれ以上はやめておきます。もう全部言ったようなもんだけど。
そういう普通とされているものに疑いを向けるというのは是非推奨したい。

で、その子の問いに対する、気になるお母さんの答えですが「それを入れると色が変わって
温泉の香りがするのよ」との答え。
うわぁ、普通ナリィ。至極まともナリィ。コロスケナリィ。

いただけません、それはいただけませんよお母さん。
せっかくの子供の知力の芽を摘み取ってしまっている。そこであえて疑問に疑問で答えるの
ですよ。
「どうしてだと思う?」と、子供に想像力を働かすということを教えなければなりません。
そして子供がいい感じにボケたら「よしこ3ポイーント!!」と言ってあげなくてはなりま
せん。内Pばりに。ていうかよしこて誰やねん。

こういうのいいじゃないですか。お小遣いはポイント制。1ポイント100円とかで。
疑問に対して自分で正解を導き出したら1ポイント。外れたら0ポイント。親をわらかした
ら3ポイント。
小さい子供が親をわらかすって相当なモンですからね。これはもう3ポイントでも少ないく
らいですよ。お小遣いは大喜利制。いいじゃないですか。

まあ僕が子供の教育を云々言ってもね、所詮ね……。
い、言わない。この先は言わないんだからッ!
2006.12.10
まあまあちょっとね、聞いてくださいよ。
先日僕は新しく靴を買いにいったんです。僕はそれまで仕事用の革靴一足とスニーカー一足
のみという、ある種究極の選択みたいな空気が我が家の玄関にあったんですよ。
これはちょっと選択範囲が狭すぎる。ゴムか皮かしかないじゃんか、と思っていたんです。
もう新しい靴の一足でも買おうかと思っておりまして、ちょうど知人の結婚パーティーもあ
ることだしと靴を買いにいったんです。
まあそのパーティーに使うといっても、結構ラフな格好でいいらしいので、普段でも使える
ような靴を買おうと思ったんです。
もう一目散にABCマートに向かいましたよ。つうかABCマート以外で靴ってどこで買え
ばいいのかわからないからね。鬼の子のお金を持って行きましたよ。

で、すごい真剣な眼差しで選定をしてね、もうエロ本でも選んでるんじゃねえかって勢いで
真剣な眼差しで選定をしてね、数ある靴の中から二足まで絞ったんです。
よし、じゃあこの二足を履かせてみてもらおうと、店員さんを探したところ、ふと「靴紹介
!」みたいなプレートが目に飛び込んできたんです。

そこにはなんか「歩き疲れしない!をコンセプトに作り上げました」みたいな謳い文句が
燦然と書かれておりまして、よくぶらり旅(独り)をする僕にとってはめちゃめちゃ魅力的
だったんですよ。
もうね、即買いだった。サイズあわせだけして即お買い上げした。
その前に選定した二足なんて眼中に無かった。

でも、それがいけなかった。

ちょうど本日用事があったので、早速その靴を履いて出かけたんですけどね、なんかね、踵
がちょういてぇの。歩くたび歩くたびちょういってぇの。
最初は気づかないフリしてました。うん、気のせい気のせいってことで調子合わせてた。
はいはい痛い痛いみたいな空気だしてた。
でも駅に着いた時点でもう気づかないフリもできなくて、どうしても気になって、どうして
も僕の踵がどうなってるのか知りたくて、ちょっと見てみたんです。
もうね、ズルズルだった。踵っつーかアキレス腱のあたりがズルズルだった。
多分アキレスだったら死んでるって勢いでズルズルになってるんです。靴の踵に当たる部分
に血痕とか付いてたからね。

なんつーの、僕の踵と靴の踵に当たる部分が擦り合わされてズルズルになってたんですよ。
「擦り合わされてズルズル」とか書くと泥沼の肉体関係みたいな表現になってますけど、
ホントシャレになってなかった。もう靴の踵の部分がヤスリみたいな役割してて、僕の踵を
ぐんぐん削ってたからね。

それを見た瞬間にね、もう我慢できなくてね、「いたいいたいたいたい」みたいな感じにな
って泣きながら家に帰りました。もう用事とか心底どうでも良くなった。僕のやる気もけず
られてた。歩くたびにいてぇなんて最悪ですからね。血がバンバン出てたからね。もうそこ
らのコンビニでロリエとか買おうと思ったもの。スーパーガードとかしてほしかった。
「多い日も安心」とか言って欲しかった。
何が「歩き疲れしない!」だよ。歩き疲れする前に歩く気力が削られてくっつう話だから。
踵と一緒に削られてくっつう話だから。

もう人なんて信じない。
2006.12.9
言葉というのは素晴らしい。
普段何気なく使っているものだけど、言葉がなければ僕らはここまで高度なコミュニケーシ
ョンをとることは出来ないのです。
そして言葉によって絶望して傷ついたり泣いたり苦しんだり、言葉によって生きる希望を得
たり笑ったり喜んだりするわけです。
言葉で笑ったり感動したり、僕はそういうものが大好きなんです。

そこで言葉の「感動」の要素に着目してみたんですけど、感動的な小説やらお話やらが多数
ある現在、少ない文字数で人に感動を与える「名言」ってのはすげぇなと思うわけです。
例えば、嘘かホントか知らないですけど、芸人江頭2:50さんはこんな事を言っているそう
です。

『生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?
こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ 』


すげぇ。何がすげぇってキャラが違いすぎてすげぇ。
でもあながちありえないとも思えないところが素敵。
一言で人に感動を与える「名言」、いや全く素晴らしいものです。

ただね、名言を言う際に余計なことを言う人がいるんですよ。
余計な前フリをする人がいるんですよ。
何ってね、名言の前に「死んだおばあちゃんが言ってた」とか付け加える。
もうね、台無しなんですよ。
確かに故人の薫陶を守るというのは大切なことですよ。だけどいちいち前に付け加えるなと
言いたい。「誰が言ってたの?」って聞かれてから「死んだおばあちゃんが言ってた」と
言えばいいじゃないですか。何でわざわざ聞かれる前に言うのか。
最悪「おばあちゃんが言ってた」でいいのに。何で「死んだ」を付けるのか。
何で「死んだおばあちゃん」をプッシュするのか。それが全然わからん。そのおばあちゃん
の死因を知りたいわ。

そんなん言ったら絶対空気がしんみりするからね。
そいで気ぃ使った子が「ご、ご飯でも食べにいこっか!」みたいな事言い出すからね。
何か、お前は飯奢って欲しくて魂魄になったおばあちゃんをつかったんか。
もうね、ホント意味わからん。


「意味わからん、ホント意味わからん」
            ――たくろう
2006.12.8
女の子、つまり生物学で言うメスというホモサピエンスと酒を飲んだりしてるとこんな話に
なったりする。
「たくろう君ってS? M?」

これは防衛本能からくる質問なのではないでしょうか。Sの男は攻めてきそうで怖いけど、
Mの男は受身だからあんまり怖くないかも、みたいなところからきているのではないでしょ
うか。性的嗜好が日常生活にまで影響を及ぼすほどになれば、もはやSでもMでも関係なく
危険だとは思うのですけど。そのレベルのSの人は人参みたいなロウソクやら先の割れたム
チやら紫色のディルドーやらをふんだんに使用した人体実験みたいなプレイをしそうで肉体
的に危険ですし、MはMで服の下に亀甲縛りして乳首にピアスとか自分でやってそうで精神
的に危険ですからね。
で、僕はどっちかというと基本的にSでもMでもなく、ドMなんですよ。

先日もSMクラブに行って来てね、もうすんごい事されてきたからね。
基本的にお金払う時点で興奮してるからね。
「ああ、僕、これから縛られて目隠しされてヒールで踏まれるためにお金払ってる」ってい
うハンパねぇ背徳感にもう息も絶え絶えだから。
僕の行きつけのお店は最初にお金払って、靴を脱いで部屋に通されるんですけど、まず靴
を隠されるからね。きっかり料金前払いという超良心的なお店なのに靴を隠しますからね。
すげぇ精神的にクる。
で、部屋で座って待ってると女王様的な人が入ってきて、まず「いくら払ったんだい!?」
って聴いてくるんですよ。知ってるくせに聴いてくるんですよ。
僕が「さ、三万円ですぅ」とか言うと「ふぅ〜ん、三万円払ってどうしてほしいの?」って
聴かれるんで「え……Aコースを」と、ここでコースの指定をするんです。
カウンターの人にはもちろんコースを伝えた上で料金を支払うので、女王様は全部わかって
るんですけどあえて僕の口から言わせる。「あんたの汗水の付いた汚い三万でAコース? 
三万円払ってまでいじめて欲しいのかい。イヤらしいねえ。ほら豚、お願いするならそれな
りの言い方ってもんがあるだろう?」とかいう言葉責めから始まって、まず一通り縛って
目隠しして猿轡されてヒールで踏まれたりとかがあるんですけど、何か僕が行ったときは
キャンペーン中! みたいな話でちょっと豪華なプレイをしてもらいました。

まず裸にされて裏口から駐車場に連れて行かれて、車に乗らされるんですよ。
女王様が助手席で、僕が運転席。僕は目が悪いので眼鏡をしてたんですけど、ビンタで弾き
飛ばされましたからね。「何を見ようとしてんだい!」とか言って弾き飛ばされましたから
ね。そいで「あんたなんかこれで十分だよ!」っつって仮装パーティーの時に使うヒゲメガ
ネ渡されました。もちろん度なんて入ってないから、度っつうかレンズ自体入ってないから
全然見えない。すげぇ興奮する。
女王様が「早く車出しな!」って言うんで、とりあえず車を発進させて何気なしにバックミ
ラーを見ると僕の免許書が張ってあるんですよ。すげぇモサッとした顔をしている僕の免許
書が張ってあるんです。メガネ無いからよく見えないけど、すげぇ恥ずかしい。すんげぇ恥
ずかしい。
そんな羞恥地獄に興奮しながら女王様の指示通り車を走らせるんですけど、ちょうどその日
雨が振ってたので僕がワイパーを使用すると、「誰がワイパー使っていいっつったよ!」と
女王様に叱られるんですよ。雨が降ってるのにワイパーを使えない。メガネもない。もう
全く何も見えたもんじゃない。尚且つそこで「窓開けろ」とか言って運転席側の窓だけフル
オープン。もう、ものすごい責め。
もう僕は怖くて怖くて仕方ないんですけど、その間も女王様の色々な指示が飛ぶ。
「煙草吸え」って言うから煙草吸うんですけど、灰皿を使わせてもらえない。吸ってる内に
当然灰が落ちてくるんですけど「灰落とすんじゃねえ!」ってビンタされますし、メガネ無
いしワイパー使えないんで全然見えないのに無駄に車線変更させますし、黒塗りの高級そう
な車とか、明らかにヤンキーが乗ってそうな車の後ろに付くと「煽れ」とか言ってギリギリ
まで車間詰めさせられます。
1回それでヤンキーが怒っちゃって、グラァ! とか言って僕んとこに来たんですけど、
全裸でヒゲメガネ付けた僕を見たら逆にビビって逃げてっちゃったからね。
すごい興奮した。もっと見て欲しかった。

と、まあこんなレベルでドMなんですよ。すごい引くでしょ。すごい引くでしょ。
うん、もっと引いて。
だからね、SとかMとかあんまり関係ないですよ。
SでもMでも、すごい人になるとこのレベルの欲望が薄皮一枚の下で皮膚を突き破らんばか
りに暴れまわっているからね。
2006.12.7
時は師走。年末ともなれば酒の席も多くなるというもの。僕も最近ガッパガッパいっており
ます。まあ1年通して酒浸り、夜中から朝まで酒飲んで店を締め出されたらコンビニでジン
とか買って公園で回し飲みしだす友達がいますが。そいつは多分1年中師走なんだと思う。
むしろ人生を走ってる感があるね。

まあその話は君たちの上着の内ポケットにそっとしまっておいて、今日もサクッと酒盛りを
してきたわけですよ。男5人とかで酒盛りをしてきたわけですよ。

最初のほうは一応仕事の話なんかしたりして体裁を保っていたんですけど、酒も回ってまいり
まして、まあ男5人なもので、ゴレンジャーですら紅一点がいるというのにこの席は男5人
なもので、まあ自然とエロい話へと流れるわけですよ。
細かく言うと上半身への責めだけでビショビショにさせる話とかしだすわけですよ。

で、まあ彼女の股間がスプラッシュマウンテンとかそういう話をしているなかで、風俗の話
になったんですよ。
正直僕は完璧に童貞なので、声高らかにボリューム12くらいで何度も何度も耳だこになる
レベルで言ってるんですけど完璧に童貞ですので、風俗というものに行ったことがないんで
すね。もう僕にとってはまったくもって未知なるものなんですよ。だって理解できないもん。
女の子は金をもらって裸になってるわけですよ。なのになんで金を払った僕まで裸にならな
いといけないのか理解できないもん。
ホントもうまったくもって意味不明なわけですよ。

そんなことを考えてたらね、友達の話を聞いてすげぇ感動した。
いや、風俗の話なんですけど、すんげぇ感動した。
いやね、そいつは3人で金を払ってチンコを舐めてもらいに風俗に行ったらしいんですよ。
なんかよくわからんけど、部屋に入って何分間っていう時間の中で、何人かの女の子にチン
コを舐めてもらえるサービスみたいなんですね。
女の子は1チンコ舐めたら隣の部屋行って、また1チンコ舐めたら次の部屋行って、という
感じに女の子がぐるぐる回ってるイメージらしいんですよ。

そこでね、もうすげぇ感動したんですけど、僕の友達が「今日三人で来てて〜」っていう話
を女の子にしたらしいんですね。そうしたら女の子がピンと来たらしくて、「ああ、今多分
その友達のとこ行ってきたよ」みたいなことを言ったらしいんですよ。
で、じゃあ始めようかみたいな空気になったときに女の子が「キスどうする?」なんて聞い
てきたらしいんですよ。

いやいやいやいやいや。
何その心遣い。感動するってレベルじゃねえぞ。
ものすごいじゃないですか。
わかりますよ、その心理はわかります。俺、友達のチンコと間接キスかよ〜って話になりま
すよね。
でもね、その子は缶ジュースじゃないんですよ。生きている人間なんですよ。
こんなん童貞の僕が言うのもアレなんですけど、自分の体をそんなモノみたいに使うってい
うのがね、本当すごい。すごいと共に哀しいんです。

多分ね、そこまで考えていないと思いますよ。考えてたらやっていけないと思うんですけど、
そんな「私の身体は汚れてる」みたいな風に言うのはやめてくれと。
あんた缶ジュースやペットボトルじゃないんだ、生きた人間なんだ。確かにそのプロ意識は
すごい。尊敬する。でもそんな風に言うのはやめてくれ。

本当ね、感動した。泣きそうになった。
その女の子をぎゅってしたくなった。多分そんなんしたらきめぇって言われると思うけど。
多分この感動は最近花村萬月の『惜春』を読んだからってのもデカイと思う。

『もし汚れているなら、何故僕が浄めてあげられないのか。
2006.12.6
「私は老いることが怖いのではない。老いたと感じることが怖いのだ」
                   ――たくろう

最近やべぇ。
何がやべぇってここんとこ常にやべぇやべぇ言ってるような気がしてやべぇ。

でも今日はちょっと切実。いやいつも切実なんですけど、いつもより切実がちょっと多めに
やべぇんです。

いやな、最近年をとったと感じるわけですよ。まあ言うても僕はまだ23歳。
来年には24歳になるわけなんですけど、社会人としてはまだまだ若手なんですよね。
でも社会人としては若手なんですけども、人生に於いては下り坂に差し掛かってるんですよ。
今までの人生を振り返ってみるとソニック・ザ・ヘッジホッグばりのダッシュで駆け抜けて
来た気がする。あれ?これもしかして走馬灯じゃね?僕死ぬんじゃね?とか思ったりなんか
しているわけです。

そんなわけで最近せつに歳をとったと感じるわけです。下り坂だと感じるんですよ。
まず運動できる量がかなり減ってしまった。
昔はなんか部活でがっつり運動した後にテコンドー教室とか通ってましたからね。その教室
までの道のりが徒歩にして45分くらいなんですけど、そこすら走ってましたからね。
もう運動キチガイですよ。
それが今や家から駅までの道のりを走った程度でもう死にたくなるからね。駅に着いた時点
でもうすでに体力ゲージ赤いからね。今ならこの世が終わってもいいとか考えてる。
あとね、食事量と内容が大分変わった。
まあ成長期だったってのがデカイとは思うんですけど、昔なら朝飯食べて、昼に食パン2斤
くらい食べて、夜にご飯2合くらい食べてってのが普通だったし、なんなら3食全部焼肉と
かでも全然問題なかった。でも今は朝なんて大して食べる気もしないし、昼は普通に食べれ
ば満足だし、夜はまあ頑張ってご飯2合とか食べれますけど昔ほどの勢いがなくなった。
こういった目に見える変化を目の当たりにしてしまうとね、やっぱ僕も歳とっちゃったなあ
って思ってしまいます。

と、ここ最近考えていたんですよ。オナニーとかしながら考えていたんですよ。
自分のこれからを憂いながらのオナニーってのがまた背徳感がハンパなくてゐとおかしみたい
な感じなんですけど、今日あることに気づいて愕然としたね。
ここ2日くらいオナニー1回しかしてねぇってことに気づいて愕然として腰が抜けて射精す
るかと思った。
まあね、皆さんおっしゃりたいことは解かります。痛々しいほどに解かります。
端的に言うと、このサルが!ってことが言いたいってことは重々承知しております。
でも僕からしたらホントびっくりなんですよ。オナニーなんて基本3回/日くらいなもん
じゃないですか。それが1日1回なんて。1日1回っつったら風呂と同じ回数だからね。
1日1本充実野菜みたいなもんだからね。信じられない。
今日なんて1回もオナニーしないまま終わっちゃったからね。しかもそれで別段普通に過ご
してしまっている自分がいるからね。ありえない。というかむしろ許せない。
僕としては80歳くらいになっても現役オナニストでありたいと思っていますし、死の際は
オナニー中であってほしいと思います。オナニー中に死んで迎えに来た天使達に顔射してや
りたいとか思っています。
そんな僕が23歳にして既に性欲減退の兆しを見せているとかホントありえない。

だからね、老いることは怖くないんです。それは地球上の生命であれば避けられないもので
すからね。ただ、老いたと感じたくはなかった。

終わり間近になって減速はしたくない。
ソニック・ザ・ヘッジホッグばりにすげぇダッシュで終わりたい。
ピュピュッて終わりたい。
2006.12.5
世の中ってやべぇ。マジでやべぇ。

今日も今日とて胸糞悪い通勤電車に揺られていたんですよ。そうしたら妊婦さんが電車に乗
り込んできたんです。生命のゆりかごである妊婦さんが乗り込んできたんですよ。
パッと見で妊婦さんだとわかる程度にお腹が膨らんでいて、ゆっくりとした足取りで電車に
乗ったんです。
そこでふと妊婦さんの顔を見たらね、なんつうの、清楚な感じで、かわいらしい感じの人だ
ったんですよ。まあ僕かて男です。童貞だけど男です。あぁ、かわいい人だなぁなんて思っ
たんですけど、そこで身体に稲妻が落ちるが如く閃いてしまったんです。
多分ズドーン!とか効果音が出てたと思う。

ちょっとまて、落ち着けと。この人は妊婦さんだ。妊婦さんってことは聖母でもないかぎり
セックスをしているってことだ。つまりこのかわいらしい人は確実に男に抱かれているって
ことだ。
こんなかわいらしい顔をして夜は騎乗位とか後背位とか、立ち松葉とか乱れ牡丹とかもう意
味のわからん体位でセックスをしてるってことなんですよ!
そんで挙句の果てに膣内射精とかされてるってことなんですよ!

すげぇエロい。すげぇエロい。おっきなお腹がすげぇピンクパンサー。

それで会社行ったら行ったでもうすぐ産休に入る方がいたりしてね、もうそんなんすげぇ想
像しちゃいますよ。
なまじっか知ってる分余計エロい。いつもは真面目ぶって仕事してるくせに、あんた夜にな
ったらセックス三昧なんだろう?膣内射精なんだろう?とか考えちゃってね。もう口に出し
たら即刻市中引き回しの上打ち首とかになってもおかしくないようなことを考えちゃってね、
仕事なんてできたもんじゃない。妄想がとまらない。AIと同じくらいとまらない。

おめぇら何でそんなに誇らしげなのか聞きたい。産婦人科とかもう目も当てられないからね。
もうすぐ3ヶ月で〜とか、なんでそんな誇らしげなのか聞きたいわ。3ヶ月前に何をしたの
か聞きたいわ。
そのことに気づいてしまってからね、もう世の中の常識を疑いますよ。

いやね、本当はわかってるんです。こんなことに興奮してる僕のほうが社会不適合者だって
ことは重々承知なんですけどね。エロいんだから仕方ない。

世の中ってやべぇ。やべぇエロい。そして
残酷。
2006.12.3
もし僕がルール無用のファイトをする状況になったとして、地下格闘技トーナメントとかに
出場するハメになったとして、絶対食らいたくない技がある。
目潰し。

これはもう酷いですよー。目を潰すらしいですからね。目を潰すらしいですからね。
砂とか掛けられて、一時的に目をつぶされるとかならまだいい。優しさがある。
酷いのになると指で目ん玉を文字通り潰されますからね。
僕ならもう立ち直れない。もう何も見えない。

目が見えないってのは大変ですよ。
たまに盲目の方が満員電車に乗ってきたりして、正気か!? とか思うんですけど、その人
は結構慣れた感じで改札に向かったりするんですけど、やっぱり危なっかしいじゃないです
か。何もこんなラッシュアワーに電車に乗らなくてもいいのにと思ってしまう。
ていうか女性専用車両とかいう胸糞悪いもんつくるくらいなら身体の不自由な方の為の専用
車両でも作りやがれと思います。

話が逸れましたけど、それくらい酷い技なわけですよ、目潰しってのは。
怖いなぁ絶対くらいたくないなあと思っていて、ふと考え付いたんです。
ドラえもんって目潰し聞くのかなと考え付いたんです。

彼ってロボットなわけで、やっぱり目もセンサーみたいになってると思うんですよ。
ガラスみたいのが表面を覆っていて、その奥にあるセンサーで見ているんじゃないかなとは
思うんです。ザクみたいなインターフェイスになっているんじゃないかなと思うんです。
どうでもいいけどスネ夫って瞳孔ちいせぇー!

で、流石にザクに僕等みたいなのが「目潰し!」とかやってみても効くはずが無い。
正直シャアにも効くかどうか怪しいところですよ。なんかヘルメットかぶってるし。
とするとやっぱりドラえもんにも効かないもんなのかなぁ、とは思いますよね。
でも彼ならノリで「イタイイタイイタイ!」とかやってくれそうだけど。
まあ効いたら効いたで嫌ですけどね。
ぐちゅるんとかいってすごい生々しい感じなのは勘弁してもらいたい。
そこだけナマなのー!? っていう。
そこんとこがすごく知りたい。四次元ポケットとかいう次元を超越したものより目潰しが効
くかどうか知りたい。

あとね、絶対目潰しが効くのはあいつだね。アンパンマンだね。
だってパンですよ、パン。多分普通に殴っただけで拳の形に顔へこみますよ。
目潰しなんてしたら酷いことになると思う。指がブスッ! って刺さって、抜いたらアンコ
が指先についてると思う。
顔が濡れて力が出ないとかそんなレベルじゃないくらいに弱ると思いますよ。
食パンマンなんかに目潰ししたら多分指貫通するからね。
カレーパンマンは指抜いたらそこからカレー出てくると思うね。

やっぱりね、目潰しなんてしたらいけませんよ。
ドラえもんにしたら眼球出てきちゃうかもしれませんし、アンパンマンたちにしたら単純に
穴が開いちゃいますからね。
そして子供達に酷いトラウマを残しますからね。
目潰し、ダメ! ゼッタイ!
2006.12.2--追記--
今日バカ丸出しの日記書いた。
あまりにバカで笑えなかったからとりあえず直しといた。
なんか乱痴気騒ぎして捕まったサポーター並のバカさだった。
だが反省はしない。
2006.12.2
今日友達と喋っていてビックリした。
耳がおっきくなっちゃうくらいビックリした。

そいつは何か最近週7日6日ペースで働いているらしいんですよ。まあね、年末に入ったし
会社が忙しいってのはいいことだねって事を言ったんですけど、いや会社じゃないと。
週5で会社で働いて、残りの土日はバイトを入れているらしいんです。
そんな金欲しいのって事を聞いたんですけど、いや金もそうだけど、土日暇じゃん? とか
のたまうんですよ。
暇だと金使っちゃうし、バイトがあれば暇じゃないし一石二鳥じゃんみたいなことをのたま
うんですよ。

もうねえ、気が違っているとしか思えない。
確かに働く意欲があるってのはいいことだし、金があるってのは一つの幸せの定義でもある
と思いますよ。僕かてむちゃくちゃ働きたいとは思わないけど、ニートになりたいとは思わ
ないし金だってたくさんあるに越したことは無い。
でも休みにわざわざバイト入れてまで働きたくない。
しかもその理由が暇だからなんてもう考えも付かない。その発想は無かった。
予定がないってのが暇な定義だとしたら僕なんか365日勤務になるわ。

何かそいつは最近毎日4時間しか寝てなくてさぁフヒヒとかほざいてましたからね。
その発言を聞いて思ったね。それお前本当に暇なのかと問いたい。
だって普通に朝10時くらいから出勤したとして、9時間拘束で間に休憩1時間取ったとし
て、終業は19時ですよ。20時とかに帰ってきたとして、その日既に4時間の
空きがあるじゃねえか。翌日7時に起きるとしても、どう考えても7時間以上は寝れる。
空白の4時間以上の時間を使って、何かやってるわけですよ。
いやいやいやいや。お前やりたいことあるんじゃん!!
そのやりたいことを土日フル活用して思う存分やればいいじゃん!!

僕としてはね、毎週毎週土日は暇なんですよ。その暇な土日をどうやって自分にプロデュー
スしていくか。どうやってクォリティを高めていくか。それが1週間の楽しみであるわけで
すよ。1週間使って頭を捻って考えるわけですよ。
その結果オナニー三昧とかエロゲー三昧とか酒三昧とかになるかもしれない。
でもそれはそれで自分でプロデュースしたわけですよ。
今日なんて僕神社観光に行ってきたからね。独りで。国立行ってきたからね。
金が無いなら金が無いなりに頑張りますよ。

それをね、大して頭も使わずに安直に暇だからバイトとか言ってるのはね、僕からしたら
後頭部に穴が開いてるとしか思えない。貯金箱にしか見えない。

なんか睡眠時間を削って働くのがカッコイイみたいなのも理解できないですしね。
単純に仕事が忙しくて、会社が忙しくて労働時間がすごいってのはいいんですよ。
純粋に大変だね、身体壊さないようにねって言える。
だけどこいつの場合積極的に休みを削って働いて睡眠時間4時間とか誇らしげに言ってます
からね。ホント理解できない。後頭部に穴が開いてるとしか思えない。同じこと二回言った。

18時間睡眠とかしてる僕からしたらホント理解できない。
睡眠をプロデュースしてやりたい。
2006.12.1
いやぁ、最近やばい。
何がやばいって、やたらねみぃって話なんですよ。

今なら白雪姫の気持ちとかわかるからね。
ていうか周りに花を飾る小人もわざわざキスしにくる王子様もむしろ鬱陶しい。ほっとけっ
て言いたい。まぁ僕んとこに王子様とかこられてもそれはそれで門前払いですけど。ATフ
ィールド全開で追い払いますけど。
前回も書きましたけど、解かってますよ。お前ら僕の近況なんて心底興味ねぇってこと解か
ってますよ。解かった上で言う。最近やばい。何がやばいって、やたらねみぃって話なんで
すよ。
もうね、日付2006.12.1なんてしたり顔で書いてますけど、実際これ書いてるの12月2日の
AM2時50分ですからね。ついさっき起きたからね。12月1日のPM8時頃に寝て、
12月2日が午前0時でスタートきって、その1時間後に起きたからね。

まあね、眠いのは正直今に始まったことじゃない。人生ずぅっと眠たい。生まれたときから
眠たかった。
ただ昔はその眠さに抵抗して起きてたんです。抵抗する気力があった。
でも最近はほぼ無抵抗。あいつらが攻めてきたらほぼ無抵抗で全面的に降伏宣言するかんね。
すげぇ無防備ですからね。

そんな感じでね、今現在も眠いですし睡魔に心を折られてますし、何より文章が眠たいので
とりあえずまた寝ようと思います。